成果報告書詳細
管理番号20130000000639
タイトル平成24年度成果報告書 若手研究グラントの実践的広報活動支援と研究成果インパクト評価を通じた産学連携支援手法の検討
公開日2013/8/9
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社アイ・ビー・エル・シー
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約本事業の目的は、第1に、平成23年度に実施された「若手研究グラントにおける研究テーマの実用化に向けたガイドラインの策定および実効的マッチング支援事業」で体系的にまとめた「若手研究者のための産学連携ガイドライン」の有効性を検証し改善提案を行うこと、第2に、先導的産業技術創出事業助成研究者を対象に産学連携ならびに実用化に向けた実践的な広報活動支援を行うこと、第3に、NEDOの平成20年度「産業技術研究助成事業における研究成果の異分野適用可能性等に関する調査事業」(社会的インパクト指標検討活動実施結果)で作成された「研究成果の社会的インパクト評価モデル」の有効性を検証し改善提案を行うことである。
第1については、まず、昨年に策定された産学連携ガイドラインのチェックシートを用い、現行の若手研究グラント助成研究者26名の自己点検を分析した結果、産学連携が進んでいるテーマとチェックシートにおける産業界の情報取得意欲との相関性が得られた。分析結果と研究者アンケートから新規物質にかかわる法規制と共同研究に関連する契約についての知識が不足との認識に立ち、それらの解説を補充した。
第2については、対象となる平成23年度採択テーマの助成研究者のうち産学連携支援を希望する39名に対し、専門家によるヒアリングで研究内容や特徴を把握するとともに、産業界から見て魅力的な研究紹介資料を策定し、ウェブに掲載して全国へ発信した。さらに、委託事業者の有する企業ネットワークを通じて企業の研究企画部門や産学連携のキーパーソンに直接周知した。また、新たな技術シーズや産学連携を求める企業と研究者が直接対話できる「NEDO若手研究グラント 産学連携マッチングデー2012」をNEDO本部で開催した。個々の研究テーマの情報を、研究成果の活用可能性や応用分野への展開可能性が見込まれる企業を選んで累計347件紹介した。関心を示した企業には当該研究テーマを担当する専門家が直接企業に訪問し、研究内容の紹介や特徴を説明、訴求した。その中から22件の研究テーマに対し企業と当該研究者との面談を36件セッティングした。その後、25件が共同研究等の契約を結んで産学連携へ踏み出しているという好結果が得られている。
第3については、検証対象データとして過去の助成研究者のアンケート結果を元に、当該モデルを適用してインパクト指標を算出した。一方でそれらの助成研究の成果報告書を専門家が産業界の視点で評価し、その間の相関性を有効性の判断基準とした。その過程でデータの扱いと重み係数に関しての最適化を図った。結果として、オリジナルモデルに於いて、企業との連携数、査読付き論文数を評価項目として選択したのは妥当であることがわかった。逆に、査読なし論文数、特許件数、受賞件数については専門家評価との相関は低いことが示された。また分析結果を散布図で表示した結果、インパクト指標の高いテーマは専門家評価も高いと言えるが、逆に、インパクト指標の低いテーマは専門家評価では低いものも高いものもあった。これはインパクト指標のみによる判断では、有力な研究テーマが埋もれる恐れがあり、専門家による定性的な評価を加える必要性を改めて示唆するものである。
最後に研究シーズの産学連携支援の今後のあり方について、いくつかの提言を行った。
英文要約The purpose of this project is composed of three activities:
1) The verification of the effectiveness and improvement of "the guide for the young researchers to promote collaboration with industries", which was presented in last fiscal year 2) The publicities of the research activities of Industrial Technology Research Grant Program to the industries with aiming to the early industrialization of young researchers’ research results for the collaboration with the leading industrial companies 3) The verification of the effectiveness and improvement of "The evaluation model for the impact of the research results to the industry and society" which was presented in the fiscal year 2008 The main results of each activity are as follows.
1) The check sheet in the "guide" was applied to the 26 young researchers and received some comment about the "guide". From these results, it was found that knowledge of the contracts related to joint research and related laws and regulations to the new material is insufficient to them. So, those two items were newly added to the "guide".
2) The experts of technologies in the contractor performed the following actions to 39 young researchers requested the support for collaboration with industries; the direct interview with young researchers for providing the attractive research information documents from the viewpoint of industries, the public announcement of these information widely through website, and furthermore, the direct announcement to 300 key persons in manufacturing enterprises. Also, the briefing meeting on Grant for Industrial Technology Research was planned and opened at Kawasaki for direct discussion with researchers and the enterprises that groped for new technology seeds and/or the collaboration with academics. As the results of these activities, total 36 companies directly met with young researchers and discussed in detail on the research results, and finally total 25 topics came to fruition on the collaboration with industries and academics.
3) The impact evaluation model has been applied to the research results of Grant for Industrial Technology Research in the past. Result report of grant research in the past was evaluated by the experts from the point of view of industry, on the other hand. The following conclusions were derived from the correlation between the two evaluation results. Theme with high-impact indicator were also highly evaluated by the experts, but, on the contrary, themes low-impact indicators were not just been evaluated low necessarily by the expert evaluation. This indicates that there is a possibility to overlook a good theme by the evaluation with impact indicators.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る