成果報告書詳細
管理番号20130000000664
タイトル平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 南東欧地域における石炭高効率利用システムの基礎調査
公開日2013/8/20
報告書年度2012 - 2012
委託先名一般財団法人日本エネルギー経済研究所 千代田化工建設株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約東欧・南東欧地域では、新規石炭火力の建設が進んでおらず、多くの老朽化した石炭火力発電設備を抱えており、EU環境基準を満たす高度なCCTの導入が望まれているところである。また、東欧・南東欧地域には褐炭など低品位炭が多く賦存しており、この低品位炭の高効率で環境に配慮した利用が求められている。本基礎調査では、セルビア、ルーマニア、およびハンガリーを調査対象国とし、CCT関連プロジェクトやIPPプロジェクトなどの形成に必要な基礎調査(基礎情報の収集)と案件形成調査に直結できるような導入技術の選定および候補プロジェクトの選定を行った。
【セルビア】
・石炭可採埋蔵量は137.6億トン(WEC報告、2008年末)で、うち褐炭が97%を占める。2011年には4,080万トンの石炭を生産し、4,120万トンを消費した。
・2010年の発電電力量は38.1TWhで、うち石炭火力が25.1TWhであった。2010年の電源構成(発電電力量)は石炭が66%、水力が31%を占め、今後も国産エネルギーであるリグナイトと水力が中心となる見込み。
・候補プロジェクトは以下のとおり。
Kostolac-B3プロジェクト:新規建設(3号機)、出力350MW、570℃級の超臨界圧発電設備
【ルーマニア】
・石炭可採埋蔵量は2.9億トン(WEC報告、2008年末)で、うち褐炭が96%を占める。2011年には3,530万トンの石炭を生産し、3,690万トンを消費した。
・2010年の発電電力量は60.6TWhで、うち石炭火力が20.7TWhであった。2010年の電源構成(発電電力量)は石炭が34%、水力が32%、ガスが12%、原子力が19%、その他3%である。今後、石炭シェアは減じる見込みであるが、安定供給面から電源ミックスの一定シェアを維持する見込みである。
・候補プロジェクトは以下のとおり。
Deva発電所:新規建設、出力400MW、既設 5,6号機のリプレース
3,4号機、排煙脱硫装置の設置
4号機、リハビリテーション、出力増強(210MWを225MWに増強)
Romag-Termo発電所:新規建設、出力250MW
Paroseni発電所:新規建設、出力200MW
Jiu Valley地区炭鉱ガス利用プロジェクト:発電、熱供給に利用
【ハンガリー】
・石炭可採埋蔵量は16.6億トン(WEC報告、2008年末)で、うち褐炭が73%を占める。2011年には960万トンの石炭を生産し、1,160万トンを消費した。
・2010年の発電電力量は37.4TWhで、うち石炭火力が6.4TWhであった。2010年の電源構成(発電電力量)は石炭が17%、ガスが31%、原子力が42%、その他10%である。今後、原子力、再生可能エネルギー発電を増やす一方で、石炭火力は2030年時点で5%を維持する方針である。
・石炭火力発電シェアが低いことから石炭火力発電に係るプロジェクトは難しいが、国内石炭資源の有効利用計画が進められている。
・候補プロジェクトは以下のとおり。
Borsod地区、石炭ガス化ユーティリティ・センター構想
英文要約East European and South East European regions have many aged coal-fired thermal power generation facilities, requiring introduction of CCT which satisfies the EU Environmental Standards. As a large amount of low-grade coal such as lignite exists in the above regions, it is also needed to utilize this low-grade coal in a highly efficient and environmentally friendly manner. Targeting Serbia, Romania and Hungary, this basic survey selected introductory technologies directly connectable to a basic survey and a project development survey required for formation of a CCT related project and an IPP project, and selected candidate projects.
[Serbia]Recoverable coal reserves are 13,760 million tons(WEC report, as of the end of 2008), of which lignite accounts for 97%. In 2011, 40.8 million tons of coal were produced and 41.2 million tons were consumed.Generated energy was 38.1TWh in 2010, of which coal was 25.1 TWh. Power mix(generated energy)in 2010 consists of 66% coal and 31% hydro. Domestic energy, lignite and hydro, are expected to continue to play a major role in the future.
・The candidate project is as follows.
Kostolac-B3 project:New construction, 350MW, 570°C-class supercritical pressure power generation facilities
[Romania]Recoverable coal reserves are 290 million tons(WEC report, as of the end of 2008), of which lignite accounts for 96%. In 2011, 35.3 million tons of coal were produced and 36.9 million tons were consumed. Generated energy was 60.6 TWh in 2010, of which coal was 20.7 TWh. Power mix(generated energy)in 2010 consists of 34% coal, 32% hydro, 12% gas, 19% nuclear and 3% miscellaneous. In the future, a share of coal reduce, but maintain a constant share of power mix from a viewpoint of stable supply.
・The candidate projects are as follows.
Deva power plant:New construction, 400MW output, replacement of the existing No. 5 and No. 6 units./Installation of flue gas desulfurization equipment for the No. 3 and No. 4 units./ Rehabilitation of the No. 4 unit, output enhancement(from 210 to 225 MW)
Romag-Termo power plant: New construction, 250MW output
Paroseni power plant: New construction, 200MW output
Mine gas utilization project in the Jiu Valley area: Utilized for power generation and heat supply
[Hungary]Recoverable coal reserves are 1,660 million tons(WEC report, as of the end of 2008), of which lignite accounts for 73%. In 2011, 9.6 million tons of coal were produced and 11.60 million tons were consumed.Generated energy in 2010 was 37.4 TWh, of which coal was 6.4 TWh. Power mix(generated energy)in 2010 consists of 17% coal, 31% gas, 42% nuclear, and 10% miscellaneous. In the future, they intend to increase nuclear and renewables and maintain 5% coal as of 2030. It is tough to develop a project related to coal because a share of coal is low, but there is an on-going project to effectively utilize domestic coal resources.
・The candidate project is as follows.
Coal gasification utility center scheme in the Borsod area
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る