成果報告書詳細
管理番号20130000000675
タイトル平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 台湾における既設石炭火力発電所へのCCS付設・更新プロジェクトの案件形成調査
公開日2013/8/9
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社東芝
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約台湾は発電量の65%近くが火力によるもので、その内約45%が石炭火力である。台湾の電源の75%を保有する台湾電力のCO2排出の75%は石炭火力に拠るものになっている。2008年6月に発表された「永続能源政策綱領」のもと、台湾はエネルギー供給面でのクリーン化の具体的な施策として、国際提携を通じたCCTとCO2分離回収貯留(CCS)の導入を目指している。そしてCCSについては、2025年までの導入ロードマップを策定している。

このような背景のもと、本調査では、台湾の石炭火力発電所へのCO2分離回収設備の導入、ならびに、発電プラントの更新改修技術の適用について検証し、石炭を高効率かつ低炭素に活用するプロジェクトの案件形成に寄与することを目的とした。

台湾電力が保有する石炭火力発電所を例として、CCS導入ロードマップに沿って、日量300トンの実証規模、日量3000トンの商用規模のCO2分離回収設備を付設し導入する場合の発電プラントの計画とその検証を行った。ここで、CO2分離回収設備の付設により発電所のCO2排出量を下げると同時に、発電所において更新改修技術を適用することで、CO2分離回収にともなう発電性能の低下を補いつつ、発電所としての機能を保全する設計とした。そして、このプラント計画の技術および経済性の評価も実施した。

この調査の結果、CCS導入ロードマップに沿って、既設石炭火力発電所にCO2分離回収設備を付設することが技術的に可能であることを確認した。さらに、付設したときに発電プラントに及ぼす影響も加味し、既設設備に必要な更新改修工事について検討、評価を行い、それを、この調査の一部としてまとめた。そして、CO2削減効果と併せて、建設および運用コストの経済性評価も行った。世界の他の地域で計画されているCCSのプロジェクトと同様に、CCSの導入が経済的な有用性を発揮するためには、CO2削減に関する経済的なインセンティブが必要であることを確認し、それについて定量的な評価も行った。

なお、検証の対象とした台湾の既設石炭火力発電所は、世界最大級のCO2排出特性を有していることからも、当プロジェクトの波及効果は非常に大きいものと考える。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy / Project Formation Research on High-efficiency Clean Coal Technology / “Study concerning Development of Project applying CCS Technology and Upgrading Existing Coal fired Thermal Power Plant in Taiwan”(FY2012) Final Report

Presently, Taiwan power energy sector relies 65% on thermal power, 45% of which is generated utilizing coal. Taiwan Power Company, who owns about 75% of the total power generating capacity in Taiwan, generate 75% of its total CO2 emission from its coal fired thermal power plants. As part of its policy to support the clean energy supply, as stipulated in‘The Strategy Framework of Sustainable Energy Policy’ released on June 2008, it is outlined that it aims to introduce CCT and CO2 Capture and Storage (CCS) technology through international collaboration. As for CCS, the roadmap of its introduction is outlined up to year 2025.

Under these circumstances, this study looks at the feasibility of applying CO2 capture facility to and of upgrading the coal fired power plant in Taiwan, with aims to contribute in developing projects which enhance high efficient use of coal with low carbon emissions.

Taking an existing coal fired thermal power plant of Taiwan Power Company as a subject, feasibility study of fitting a demonstration scale CO2 capture facility (300 ton per day) and commercial scale CO2 capture facility (3000 ton per day) onto the plant was conducted. While fitting of CO2 capture facility decreases its CO2 emissions, design considerations were also made to upgrade the plant to augment for the loss of power due to CO2 capture, and to ensure integrity of the plant functionality. Technical and economic aspects of this power plant design were also evaluated.

Results of the study confirmed that CO2 capture facility can be technically fitted onto the exiting coal thermal power plant, as per the outlined CCS introduction roadmap. Furthermore, evaluation regarding effects of fitting this facility onto the power plant was conducted, along with evaluation of required improvement and modification of the existing plant. Along with quantification of CO2 reduction, construction and operation cost were used for evaluation of the economics. As with any other CCS projects planned in the world, it was confirmed here again that CCS project requires market incentive on CO2 reduction in order to be economically viable. Several quantitative evaluations were conducted in this study for this purpose.

Finally, considering that the subject plant chosen for this study in Taiwan is one of the largest CO2 emitting plants in the world, significant positive effect is anticipated as an outcome of the success of this project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る