成果報告書詳細
管理番号20130000000691
タイトル平成24年度-平成25年度成果報告書 新事業創出に向けた産学官連携によるプラットフォームの形成可能性に関する調査
公開日2013/8/22
報告書年度2012 - 2013
委託先名株式会社東京大学エッジキャピタル 国立大学法人東京大学
プロジェクト番号P09018
部署名総務企画部
和文要約1. 委託業務の成果と達成状況
(1)新事業の技術シーズを持った研究者・技術者の発掘
1-公募型、2-個別相談型、3-個別起業教育プログラム卒業型、4-ビジネスプランコンテスト卒業型の各類型で若手研究者等の募集を行った。参加に際しては、参加者の経歴書、志望理由書、技術シーズを基としたビジネスサマリーの提出を求め、必要に応じて電話インタビューを行い、採択を決定し9件・17名の参加者を得ることとなった。
募集期間が短くなったことから、特に他の教育プログラムやビジネスプランコンテスト等の運営機関に対して十分な周知を図ることがでず、今回は個別相談で以前から接点のある参加者が大部分を占めることとなった。

(2)ビジネスプラン作成に係る支援
参加者自身によるビジネスプランの作成及びブラッシュアップを図り、座学による講義や演習、ゲストスピーカーによる先輩起業家や専門家との交流、個別メンタリングによる支援を行った。若手研究者等にとって、知的財産の取扱いや自らのテクノロジーを分かりやすく部外者に説明すること等、初めて学ぶ内容も多かったようである。参加9件のうち3件は最終発表に至らなかったものの、各プロジェクトが自らの技術的優位性をより明確にし、事業化可能性を踏まえたビジネスプランに仕上げることができた。最終発表会に「ショウケース」として展示・プレゼンテーションする6件については、論点整理を行い、中間発表会以降、個別メンタリングを継続しながら、プレゼンテーションだけでなく、ポスターセッション等による個別コミュニケーションの準備も進め、事業紹介用パンフレット等を作成した。

(3)ビジネスプラン発表の機会の提供など
オープンイノベーションやそのプラットフォーム化に関心の高い、産業界/金融界からの参加者を招待し、本パイロット・ブログラムの最終発表会という形でプレゼンテーション及びポスターセッションを行い、自らの事業化構想をアピールする場を設けた。限られた時間の中で活発な意見交換がなされ、いくつかのプロジェクトでは事業化へ向けて一歩進める機会とすることができた。また、今後のプラットフォーム形成及びコミュニケーションの活性化に向けて、参加者より貴重な意見を得た。

2. 総括
大学の研究成果の事業化(イノベーション)において、起業家がその事業の基盤となる研究成果(サイエンス)を理解し、同時にビジネスに対する姿勢、知見、意欲が並々ならぬものがあって事業として花開き、株式上場に至るというケースを、幸運や偶然だけに任せるのではなく、もっとシステマティックな方法で、継続的なイノベーションの実現が出来ないか、ということが本プロジェクトの背景にあった。
この基本論点に対する我々の仮説は、大学の研究成果の事業化(イノベーション)には、サイエンス(基礎研究に基づくテクノロジー)とビジネス(具体的な製品・サービスを伴うイノベーションの実現)のそれぞれの本質に根ざした取り組みが必要であり、イノベーションを継続的に生み出すには、事業化構想(Showcase)をコミュニケーションの起点として、イノベーション人材が介在する形でイノベーションのPDCAを回すことが不可欠である、というものであったが、本業務を通して、我々の仮説は、継続的なイノベーション創出に向けて有効であり正当性を持つという強い確信を得た。
今後は、この経験、成果を踏まえて、いかに我が国全体にこの試みをスケールアップできるかにある。他大学との更なる連携を通したイノベーション人材候補者としての若手研究者の発掘と、事業化構想を推し進めるベースとなるシーズ技術の発掘が鍵となる。同時に今回の最終発表会に企業からの出席者を核として産業界からの本プラットフォームに対する理解の更なる獲得を通して、このプラットフォームに対するコミットメントを引き出したい。
英文要約Title: Investigation into the possibility of the formation of the platform towards new business creation with industry-academia-government collaboration

(1) Excavation of researchers and engineers with the technology seeds of new business

Carrying out the recruitment of young researchers in each type: 1-Public Offering, 2-Individual consultation, 3-Entrepreneurship education program graduates and 4-Business Plan Competition winners, obtained 17 participants in our pilot project for business model development. We required the submission of a business summary based on the technology seeds, base curriculum vitae of the participants and the statement of motivation technology seeds upon application. We also conducted an interview by phone if needed.
Since the application period was short, we couldn't notify this program sufficiently of other promoters of business plan contests or educational programs . This time, most of the participants were people who already had contacts under individual consultation.

(2)Assistance to write a Business Plan for communicating with Industries

Pushed the participants to brush up and creating a business plan by themselves by lectures and exercises, interaction with experts or senior entrepreneur guest speakers, and individual mentoring. Some participants seemed to learn to describe their technology to non-experts in an easy-to-understand manner and the handling of intellectual property for the first time. 3 of 9 teams did not reach the final presentation, but each team were able to clarify the technological advantages of their own and create the business plans based on the feasibility studies.
To showcase at the final presentation, six teams identified issues of business plan and prepared for their presentation / the poster session under the consultation by mentor, and created the business introduction materials.

(3)Providing opportunities for business plan presentation

Invited participants who had strong interest in open innovation platform from industry / financial community to the final presentation of the pilot program. Provided the opportunity to conduct presentation and poster session to appeal business initiatives of young researchers. Active exchange of views was made, some teams had an opportunity to advance one step toward commercialization. Obtained valuable feedback from the participants toward the formation of open platform and much active communication.

Based on this experience and achievements, our next challenge is how to scale up this attempt to Japan as a whole. The key is the excavation of young researchers and excellent technology seeds for promoting business initiative through the further cooperation with other universities. At the same time, we want to pull out the commitment to this platform, through the further understandings to this initiative from the industry / financial community.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る