成果報告書詳細
管理番号20130000000716
タイトル平成24年度成果報告書 中長期的なロボット産業の競争力の強化に関する検討
公開日2013/8/28
報告書年度2012 - 2012
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 中長期的なロボット産業の競争力の強化に関する検討

ロボット産業は、我が国の産業競争力の一端を担う中核になり得る分野であり、特に産業用ロボットは、旺盛な海外需要に支えられ堅調さを維持してきたものの、輸出依存度が高まるにつれ、欧米諸国および新興国との激しい国際競争にさらされるようになってきている。
本調査では、今後も、我が国のロボット産業が、競争力の源泉となる技術力を高めつつ、国富の担い手として世界と伍してゆくために、サービスロボット、産業用ロボットおよび横断分野に関する情報収集、分析及び考察を行い、「ロボット白書」(仮称)作成の準備、技術ロードマップ改定、従来技術の延長線上にない中長期的な新技術の研究開発(ものづくり)、新たなビジネスモデル構築(ことづくり)や今後の施策や産業構造の在り方等(しかけづくり)までも踏まえた「我が国ロボット産業の活性化シナリオ」の検討を行った。
検討のために産学官の有識者によって構成される委員会を設置した。委員会として「ロボット白書・産業活性化シナリオ検討委員会」および「ロボット産業活性化シナリオ検討・技術戦略マップWG」、「ロボット白書検討WG」を設置した。
英文要約The robot industry can be foundation for strengthening industrial competitiveness of Japan. In particular, the growth of industrial robots has remained strong, because it has been supported by strong overseas demand. However, as increasing export dependence, intense global competition has been exposed in the Western countries and emerging countries.
In this study, we investigated information about service robots, industrial robots, and crossing field, for the purpose of increasing technical capabilities of the robot industry as a source of competitiveness, and competing with foreign countries as leaders of national wealth of Japan.
Moreover, we prepared for "White Paper on Robotization of Industry, Business and Our Life(tentative)", and revised Strategic Technology Roadmap, and made Industry Revitalization Scenario which taken into account research for novel technology in medium- to long-term, making new business model, and ideal policies and industrial structure in the future.
We settled up one Committee ("White Paper and Industry Revitalization Scenario") and two Working Groups("Industry Revitalization Scenario and Strategic Technology Roadmap ", "White Paper on Robotization of Industry, Business and Our Life"). They were consisted of the experts of the government, industry and academia.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る