成果報告書詳細
管理番号20130000000717
タイトル平成24年度成果報告 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト
生活支援システムの国際研究開発・実証事業 デンマークにおける生活支援ロボットを活用した介護サービス提供にかかる検討
公開日2013/8/28
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P12001
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト 生活支援システムの国際研究開発・実証事業 デンマークにおける生活支援ロボットを活用した介護サービス提供にかかる検討

介護福祉を含む生活支援関連産業において、我が国企業が強みを有するロボットの開発は実用に近い水準に達している。一方で、我が国の法制度や業務の慣習は、生活支援ロボットの利活用を想定しておらず、生活支援ロボットの普及も途上段階にある。
世界有数の高福祉国家であるデンマーク王国でも、日本と同様に高齢化が進展しているが、行政が社会福祉サービスを所管する当地では、介護業務の効率化や、新規技術の導入が、積極的に推進されている。サービス、ソリューションの導入にあたっては、海外企業にも広く門戸を開いており、韓国勢や欧州勢、米国勢など、世界各国の介護福祉ソリューションの製造事業者・研究機関が、デンマーク王国において共同技術実証を実施している。
調査団は、株式会社テムザックの開発した電動車いすロボット「ロデム」に、通信機能を実装し、位置情報、機器の稼働・障害情報、バイタルデータ等の医療・健康情報を取得する機能を持たせることで、より被介護者にとって安心・安全で快適な移動ソリューションのコンセプトを構築した。本調査では、デンマーク王国における介護ニーズ、非介護ニーズを抽出するとともに、当地におけるこのソリューションの受容性を評価し、得られたフィードバックをもとに、実証で検証すべきソリューションのコンセプトを再構築した。
なお、デンマーク王国の行政は、国(中央政府)、広域行政圏(レギオン)、市(コミューン)の3階層に区分されており、国民に対する社会福祉サービスの責務を担うのは市である。本調査は介護福祉業務の効率化、被介護者の安全・安心や快適性に貢献するソリューションの受容性を評価しているため、市の評価や実証への意向を把握することが重要である。調査団はデンマーク王国の4つの市(コペンハーゲン市、オーフス市、オーデンセ市、ファーボ・ミッドフュン市)を訪問し、そこでの課題、ニーズをヒアリングした。その結果、ロデムの機能に対する高い評価、通信と融合しソリューション化することへの期待、個人情報の取り扱いへの懸念といったフィードバックを得た。また、デンマーク王国では介護施設から在宅介護へのシフトを国策として推進しており、在宅での介護サービス利用者をターゲットとすべきという示唆も得た。
実証の実施にあたっても、各市ともに意欲を示したが、特にコペンハーゲン市とファーボ・ミッドフュン市は、具体的な実証フィールドの提示や、実証協力者を集めることにも積極的に賛同いただき、実証実施への第一歩を進めることができた。
デンマーク王国での実証により、必要な仕様や有効な機能を見極めることができ、ソリューションの量産化、事業化の実現につながる。また、介護の現場で日本製の生活支援ロボット分野が活躍することは、象徴的な実績として世界に向けたアピールとなり、その後の事業の世界展開や日本への逆輸入も期待される。
英文要約Title: The International R&D, Demonstration Project in Environment and Medical Device Sector / The International R&D and Demonstration Project on Daily Life Assistive Robotic Devices / The Research Report Project for Provision of Nursing-Care Service in Denmark through the use of Daily Assistive Robotic Devices

Japanese companies have competitive capabilities in technology for developing living assistance robots. This includes usage for daily usage as well as nurse usage. However, it is difficult to adapt living assistance system for nursing in Japan due to legal and traditional restrictions.
Denmark is considered as the country with the highest welfare in the world. Similar to Japan, Denmark is facing large portion of aging population in the country. In Denmark, nursing is provided by the government. That being said, government promotes efficiency of operation and installation for nursing process. They welcome foreign companies for advanced nursing-care technology. Many foreign companies (ex. Korea, EU, U.S.) and research organization are executing demonstration project in Denmark.
We constructed the concept of new nursing solution by offering RODEM. RODEM is an electric wheel-chair robot, combined with telecommunication function. This solution provides safety, and comfort to elders by offering GPS, diagnosis and health information. We proposed our solution to stakeholders in Denmark, and based on the feedback, we re-constructed the concept.
Danish government is segmented to three categories, state, region, and city. Nursing service is provided by cities, so it is important to understand issues and needs of cities. We visited four cities (Copenhagen, Aarhus, Odense, and Faaborg-Midfyn), and we had a discussion with them. We had positive feedback but also some concerns that dealt with personal information. In conclusion we were able to understand the importance of efficiency of home nursing-care.
Each cities were interested in the pilot study, especially Copenhagen and Faaborg-Midfyn were very eager to implement, and they offered pilot study sites as well as monitors for the study.
We can identify the specifications and functions by pilot study in Denmark, and the results will support us in commercializing our product and solution. By successfully commercializing the product and solution, this will be a symbolic significance for Japanese robotics to be noticed in the world. We hope this solution to be installed worldwide, including Japan.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る