成果報告書詳細
管理番号20130000000718
タイトル平成24年度成果報告書 特殊環境用ロボット等の標準化・安全規格化と競争力の強化等に関する検討
公開日2013/8/28
報告書年度2012 - 2012
委託先名特定非営利活動法人国際レスキューシステム研究機構
プロジェクト番号P09018
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成24年度成果報告書「特殊環境用ロボット等の標準化・安全規格化と競争力の強化等に関する検討」

本事業では,我が国の特殊環境用ロボットの競争力の強化に資することを目的として,1)我が国における特殊環境用ロボット等の政策的位置付け等の明確化,2)我が国が取り組むべき中長期課題の明確化,3)我が国の特殊環境用ロボットの戦略的な標準化・安全規格化等の推進と競争力の強化に関する調査,を行った.
 1)では,特殊環境用ロボットの開発・活用動向と課題として,特殊環境用ロボットの利用環境と利用目的,我が国のこれまでの取り組み,災害対応における特殊環境用ロボットの活用の現状と課題,開発体制・運用体制の整備の必要性に関する分析を行った.また,ロボットの運用体制構築のあり方として,運用体制に求められる要件と運用体制構築の方向性を明らかにし,災害発生地域・種類及び対応主体・方法等に関する想定に基づいて,我が国の有事における今後の運用体制のあり方について提言を行った.
 2)では,災害・事故・インフラ・メンテナンスにおける特殊環境用ロボットのユーザニーズの調査を行い,ロボットに求められる役割が2つのケースに,ロボットが求められる状況は3つのケースに類型化できることを明らかにするとともに,特殊環境用ロボットに対する潜在ニーズを高さを明確化した.この目的のために適用が期待される特殊環境用ロボットを10種類に分類し,ロボットの機能として8つの評価項目,性能として5つの評価項目,運用として5つの評価項目を明らかにした.それに基づき,各種ロボットに対して分析を行い,それぞれの災害条件下での問題点や技術達成度レベルを明らかにした.同時に,ロボットの研究開発から配備・運用に至るまでの技術以外の中長期課題の分析を行い,それを11個の項目として整理し,それぞれについて解決すべき点を明らかにした.以上の分析をもとにして,重点的に取り組むべき内容を,遠隔現場へのアクセシビリティの向上,ロボットによる現場の悪影響の防止,無線通信・有線通信の問題点の解決,遠隔状況認識・知能化・自動化,無人化施工の高度実用化研究開発推進,コンテスト形式によるロボットの基盤技術研究の奨励,国際標準化・規格等の整備,全国に複数の研究開発拠点の整備,及び,防災ロボットセンターの開設,ロボット適用に必要な制度と環境の整備,という9点の提言としてまとめ,そのロードマップと必要な予算を明らかにした.また,今後のプロジェクト立案等の参考として,Quinceの開発に至った必要条件を明らかにした.
 3)では,特殊環境用ロボットの標準化・安全規格化の現状と課題として,分野別に,消防防災分野における米国の性能評価基準,我が国の安全規格化と性能要件定義,農業分野における安全規格の調査を行った.また,技術別に,標準試験法や安全規格,通信プロトコル規格,ロボットOS,ロボットシミュレーション技術の規格の現状に関する調査を行った.それに基づき,特殊環境用ロボットの標準化・安全規格化の戦略的推進の強化への提言として,標準性能試験法を利用した実用化推進,リスクベーストップマネジメントによる安全規格化の推進,人材育成と社会啓発に関する提言を行い,戦略的推進のロードマップを示した.また,国際産業競争力強化のために,標準性能試験法,安全規格化,市場化コストへの対応策,の3点の提言を行った.そして,アクションプランとして,コスト・ベネフィット分析,標準性能試験法開発による実用化加速,安全規格化による安心化,総合評価入札制度の導入による国内普及,パッケージ型海外展開による国際展開を提案した.
英文要約Title: Research Project on Standardization, Safety Standards and Consolidation of Competitiveness of Special Environment Robots and Systems (FY2012) Final Report

This project analyzed the following three items for consolidation of competitiveness of special environment robots (SERs) in Japan: 1) clarification of political positioning of SERs, 2) clarification of mid-long term issues that Japan should pursue, and 3) strategic planning of standardization, safety standards and the competitiveness.
As for 1), trend of development and utilization of SERs was analyzed particularly on their environmental conditions, purposes, Japan's efforts, state of art and problems, necessity of frameworks for development and utilization. On this basis, it proposed the necessary points and directions of utilization frameworks, and the future emergency frameworks with supposing areas and types of disasters, response organization and methods.
As for 2), user needs of SERs were categorized into 2 roles and three conditions, and clarified the potential needs of SER is high. Effective SERs are classified into 10 types, and evaluation metrics of 8 functional items, 5 performance items and 5 utility items were proposed. Issues under disaster conditions and technology readiness level of each robot were evaluated. Mid-long term issues out of technology for R&D and deployment were analyzed for 11 issues. On the basis of these data, the following prioritized items were proposed: improvement of remote accessibility, prevention of damage by robots, solution of wireless and wired communications, remote situation awareness with intelligence and autonomy, unmanned construction systems, promotion of basic research by contests, international standardization, multiple R&D sites all over the nations, disaster robot center, and establishment of frameworks and environments for utilization. The roadmap and necessary budget was also explained. In addition, the necessary conditions by which Quince was developed were explained.
As for 3), the state of art and problems of standardization and safety standards of SERs was analyzed for firefighting area and agriculture area, and the state of art of standard test methods, safety standards, communication protocol standards, robot operating systems, and robot simulation technologies were investigated. For strategic consolidation of standardization, promotion of utilization by the standard test methods, safety standards by risk-based top management, and human resource development and social promotion were proposed with roadmap. For strategic consolidation of international competitiveness, standard test methods, safety standard and marketing costs were discussed. Finally, the following action plans were proposed: cost-benefit analysis, acceleration of practical realization by developing standard performance test methods, safety standards for security, nation-wide propagation by introducing bidding systems with synthetic evaluation, and package-type international development.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る