成果報告書詳細
管理番号20130000000791
タイトル平成24年度調査報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等技術普及事業 コークス炉自動燃焼制御モデル事業(中国)に係る技術普及事業
公開日2013/8/22
報告書年度2012 - 2012
委託先名三菱化学エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本事業は、平成21年度-平成23年度「国際エネルギー使用合理化等対策事業国際エネルギー消費効率化等技術普及事業 コークス炉自動燃焼制御モデル事業(中国)」において山西陽光焦化集団股有限公司で実証したコークス炉自動燃焼制御技術の普及を図り、中国国内での省エネルギーを更に促進することを目的とする。
 本事業では 山西省等の関係企業へ当該技術を紹介し、普及可能性の高い企業については、省エネ診断及び導入効果試算を実施した。

 なお、省エネ診断を実施したのは 2社3工場であり、また 今回の省エネ診断では 2-6%程度の省エネ効果の試算を得た。
英文要約 The purpose of the International Project for Increasing the Rational Use of Energy The Model Project for Increasing the Efficient Use of Energy 「Coke Oven Automatic Combustion Control System」 in Shanxi Province, Peoples’ Republic of China (FY2009-FY2011)’ is to accelerate energy saving in China by expansion and popularization of the technology of 'Coke Oven Automatic Combustion Control System’, which was proven as effective to save energy at Coke Oven fuel system.
In this project, we introduced the technology into Coke producing companies in Sanxi Province, and we carried out investigating survey at some companies that had high possibility to introduce the technology.

We carried out diagnosis procedure at two companies total three coke plants. In the result of our estimation, 2 % to 6 % of effect in energy saving were expected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る