成果報告書詳細
管理番号20130000000871
タイトル平成24年度成果報告書 情報通信技術を活用したインフラ・システム構築に向けた研究開発に係る特許動向調査
公開日2013/8/28
報告書年度2012 - 2012
委託先名エヌ・アール・アイ・サイバーパテント株式会社
プロジェクト番号Q05008
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 「情報通信技術を活用したインフラ・システム構築に向けた研究開発に係る特許動向調査」

本調査では、研究開発成果の事業化まで考慮して特許調査を行う必要があるとの観点から、事業内容をふまえた特許調査のプロセスのあり方について検討した。具体的には、調査母集団の設定、コア技術や周辺技術の特定と抽出条件の設定、抽出特許の可視化、抽出特許に含まれる重要特許特定のプロセスを検討した。

本調査の開発テーマ「情報通信技術を活用したインフラ・システム構築」は技術的に広範囲に渡りビジネスモデル的な側面も強く、関連技術を 「基本特許」とその「改良特許」といった形で捉えることが困難であった。そこで、開発テーマの関連技術を「コア技術」「周辺技術」の群(グループ)として捉えることとした。各特許文献がこれらの群に該当するかを判別し、また複数の群に属する場合はその重なり具合を可視化することで、各技術に関連する特許の動向を把握した。

開発テーマに関連して抽出された出願・特許の数は膨大な数にのぼるため、本調査にはマクロ分析ツールを活用した。特許動向の可視化には出願国、出願人国籍、出願/登録の別、関連技術の重なり等を軸として用い、各技術の出願・登録の推移や主要出願人/権利者、関連業界等も把握・検討した。また複数国における出願国・出願人国籍別出願・登録件数収支の可視化等、統合的な可視化の検討も行った。

また、上記グループに属する出願・特許の中から、開発テーマ事業の実施の際に留意すべき「重要特許」を抽出した。膨大な数の特許から重要特許を抽出するため、上記マクロ分析ツールを活用し、各種指標・視点にもとづき候補となる特許をリストアップし、候補特許を実際に読み込んだ上で判断する、といったプロセスを構築し、その有効性を検討した。

調査の結果、日本国内・海外ともに重要特許と認識すべきものが複数発見された。また発見された重要特許はマクロ分析ツールによりさらに可視化され、開発テーマに関わる技術の中での位置づけを確認できた。これらの結果から、今回のマクロ分析と読込分析の連携・統合・可視化を中心とする特許調査のプロセスの有効性については、一定の評価が可能と考えられる。
英文要約Title: Patent Research Project on Research and Development Activities for System Architecture of Infrastructure Systems Using Information and Communication Technologies (FY2012) Final Report

In this survey, we have examined processes of patent searches for business development activities. More specifically, we have examined processes of a setup of coverage of patents for analysis, definitions of technologies and a setup of conditions to extract patents which meet the definitions, visualization method of the extracted patents, and a process to specify important patents among the extracted patents.
Since development theme for this survey extends far and wide technically, and the theme focuses on establishing its business model, it is difficult to recognize patents as "basic patents" or "improvement patents." Accordingly, we have tried to capture the technologies as groups of "core technologies" and/or "peripheral technologies."
As the number of applications and patents related to the development theme might reach a huge amount, a macro-analysis tool has been used for this survey. To visualize patent trends, we have used indexes such as country of application, applicant's nationality, distinction of application/registration, correspondence to each technology group, etc.
Moreover, the "important patents" have been extracted among the applications and patents belonging to the above-mentioned group. In order to extract the important patents, we have utilized the above-mentioned macro-analysis tool, listed patents which became candidates based on various kinds of indexes and viewpoints, and determined after actually reading the candidate patents.
A number of patents to be recognized as “important” has been detected as a result of the survey both at home and abroad. The detected important patents have been also visualized by the macro-analysis tool, plotted among the technologies in regard to the development theme. As the result, it is considered that the availability of the processes examined in this survey achieves a measure of legitimacy.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る