成果報告書詳細
管理番号20130000000683
タイトル平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける低品位炭高効率利用石炭火力発電所 プロジェクトの案件発掘調査
公開日2013/10/1
報告書年度2012 - 2012
委託先名住友重機械工業株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約1.調査概要
 本調査はインドネシアにおいてCirculating Fluidized Bed(CFB)ボイラを用いた低品位炭活用山元発電事業を行うための適切な設備、規模、方法、事業の成立性、等について調査を行い、具体的な事業計画を策定することを目的とする。本取り組みにより、インドネシアにおけるエネルギー事情、電力政策及び環境政策を調査し、現状の低品位炭利用状況を把握すると共に候補地となる炭鉱を選定し、具体的な概念設計を実施する。また、技術的課題解決のため当社保有のCFBボイラ燃焼試験機により燃焼試験を行い実証する。なお、本技術の普及のため事業費用、中国製ボイラの稼働状況を把握した上で日本製CFBボイラ導入による経済的評価、普及に向けた課題の検討を行った。
2.調査の背景
 現在、インドネシア国内国営電力(PLN)に微粉炭焚きボイラでは使用できない石炭向けの発電所として100MW以下の複数の循環流動層ボイラ発電所が稼動(もしくは建設中)しているが、電力価格の低価格維持のため、資金調達、事業性により、全てが中国製ボイラで、非常に多くの問題点を抱えているのが実情である。そのため、国営電力(PLN)及び国営エネルギー技術センター(B2TE)より、安価な燃料の使用の可能性、安定操業実現のための日本製CFBボイラの導入、高効率発電設備の可能性について打診があった。日本製循環流動層ボイラ(以下CFBボイラ)に関する興味も高く、これまでにも国営電力向けのCFBセミナーなどに参加している。
3. 実施候補地の選定調査
 本調査では事業実施候補地を選定するため、既に発掘調査済みではあるが有効利用が進んでいない低品位炭を産出する炭鉱4社を選定し、(1)炭鉱会社調査、(2)低品位炭成分分析、(3)発送電設備、燃料輸送等インフラ調査、を実施した。調査の結果、(1)-(3)の条件、及びインドネシアの発電設備開発計画と合致するBukit Asam社の低品位炭燃料(Paranap炭)を最終的な候補とすることとした。
4. 燃料試験による技術的課題の検討
 候補地より選定した低品位炭を用いて、当社愛媛製造所新居浜工場内に設置されたCFBボイラ燃焼試験機にて実施する。一般的にCFBボイラの燃料として適用する場合は、CFBボイラ炉内の伝熱・流動特性、環境値特性などの把握が必要となり、これらの特性は成分分析や小規模なベンチスケール試験では十分に実機設計へ反映できるだけの知見・データ採取が困難である。従って、低品位炭を用いて実機同様の構造を持つ燃焼試験機にて燃焼特性、循環流動の特性などを明らかにする。本燃焼試験実施により、高効率、低環境負荷が実現可能なCFBボイラへの低品位炭の適用を評価することができた。
5. 発電設備の概念設計
 選定したBukit Asam社の現地候補地の調査、また燃焼試験結果により、発電事業実施における具体的な設備仕様、配置計画、業務、機器供給分担、実施スケジュール、環境改善効果、事業費用を策定した。また、現状インドネシアで普及する低価格な中国製ボイラとの事業採算性評価を行い、LCCとして今回提案する日本製CFBボイラ導入の優位性を立証した。また、今後の設備の導入に向け、さらに詳細調査、検討が必要となる課題項目をまとめた。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy Project Formation Research on High-efficiency Clean Coal Technology.
Feasibility Study on Circulating Bed Boiler (CFB) Power Plant in Indonesia」FY2012 Final Report

1 Summary of the research
This research aims to find out the project potentials of mine mouth power plant utilizing the low rank coal with CFB technology in Indonesia. The approach of investigation includes the appropriate facilities research, capacity consideration, project methods and economical evaluation. At the same time of researching the current Indonesian energy situations, the government policy of power and energy sector, environmental policy, and situation of the low rank coal usage, Specific conceptual design shall be done for one candidate project site. The combustion test using SHI pilot test facility carried out with a real coal from this selected site and the result was reflected to the conceptual design. For the economical evaluation and further expansion of this study results, Life Cycle cost evaluation between Chinese boilers and SHI boilers was introduced based on PLN operation data and SHI boiler operation data.
2 Background of the research
PLN reports many of problems in their Chinese technology CFB power stations, which were constructed to utilize the low rank coals instead of pulverized coal boiler technology. The main reason of problems seems to be caused with the design defects by boiler suppliers. Funding difficulty from Low tariff, company profit made restricted purchasing only Chinese boilers. Under these situations, PLN and B2TE contacted us to make a study of the possibility of introducing Japanese high reliable CFB technology for low rank coals.
3 Selection of the project site
Four coal mining companies, which has researched low rank coal mine but not utilized it, was picked up and studied from the standpoint of (1) Coal mining company, (2) low rank coal property, (3) Infrastructure of power grid and fuel handling to select the best candidate for the mine mouth power station. Based on these studies, PT. Bukit Asam was chosen a final candidate for this feasibility study.
4 Issues regarding combustion test
Coal combustion test will be conducted in Sumitomo Heavy Industries Niihama, Japan test facility. The real coal will be transported from PT. Bukit Asam mining site, and the coal will be combusted using large scale CFB pilot test plant. Reliable specific design was completed many of database and specific data getting the pilot test such as the combustion characteristics, the heat transfer characteristics, circulation flow characteristics, and environmental performance in addition to a bench scale trial and laboratory coal chemical and physical analysis.
From these results, this low rank Riau coal was confirmed to be utilized by SHI CFB without any of major problems.
5 Issues regarding action plan for project and clean coal technology
The concept design of the power plant project on the specific site, which reflected all the results of the field survey of PT. Bukit Asam and the combustion test, includes equipment specifications, plant layout, scope of supplies/activities, execution schedule, environmental impact assessment and project budgetary base cost estimation. Evaluating real value of power plants economically, Life Cycle Cost (LCC) was taken in addition to initial investment cost. The result of financial simulation shows CFB boiler of Japanese technology has a comparative advantage over a boiler supplied by Chinese company. Further study points for project implementation are also shown in this report.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る