成果報告書詳細
管理番号20130000000913
タイトル平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 カザフスタンにおける石炭高効率利用システムの基礎調査
公開日2013/10/1
報告書年度2012 - 2012
委託先名一般財団法人日本プラント協会 一般財団法人海外投融資情報財団
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約 カザフスタンは、原油や天然ガス等の埋蔵資源が豊富な国であるが、エネルギー需給においては石炭比率が高い。2010年は、一次供給エネルギー源の46%、最終消費エネルギー源の33%が石炭であった。今後は、天然ガスの開発等でエネルギー源の多様化を図る一方、引き続き最大のエネルギー源であり続けるとみられる石炭の利用効率化が、環境政策とも相まって同国の重要な政策課題となっている。
 石炭の最大の用途である発電部門に関しては、今後の経済成長に伴う需要増を賄うための供給力強化策として、新規電源開発と並び、老朽化が進んだ設備の更新が計画されている。カザフスタンの発電所設備容量の65%、発電量ベースでは8割が石炭を電源としているが、設備の8割は21年以上経過しており、発電効率も低い。これらの更新を機に、より石炭利用効率の高い技術・システムを導入するニーズがある。また、カザフスタン産の石炭は灰分含有量が多いが水分は少ない。従い、単位量あたりの発熱量の問題に加え、ボイラーでエロージョン等の問題を引き起こす元となっている。これらの問題を解決する選炭や改質の技術も求められている。
 発電に次ぐ石炭の用途は鉄鋼業である。カザフスタンの製鉄における石炭利用状況を日本と比較すると、原料炭から得られるコークスの歩留まりや、銑鉄1トン当たりに用いられる石炭やコークスの量等、格段に効率が低いことが分かる。幾つかの製鉄所で工程改善のプロジェクトが実施されているが、今後もいっそうの効率化ニーズがある。
 これらのニーズに応える技術として、日本では、石炭火力発電分野において、亜臨界圧から先進的超々臨界圧までの発電及び各種の複合発電システムが稼働中或いは実用化のための検討中である。また製鉄分野でも、高炉法、直接還元製鉄法それぞれに石炭高効率利用技術を有する。さらに、プラント設備からCO2を回収し地中に貯留する技術も実証段階から実用段階にある。
 これらの日本の技術・システムをカザフスタンに導入する可能性を考えた場合、鉄鋼分野ではプレイヤーが民間企業1社であり、同社の企業戦略次第となるので予測が難しい。一方、電力分野については、中長期の国家プログラムの中に発展の方向が位置付けられており、より参入計画を立てやすいものとみられる。
 カザフスタンの発電プロジェクトは、カザフスタン系統運用会社KEGOCが立てる需要見通しに基づき、産業・新技術省が必要な設備容量確保のために入札を実施することになっている。従って、発電プラントへの設備機器納入や操業を目指す者は、この入札への参加、或いはその応札/落札者への売り込みが必要となる。入札条件の詳細については不明なところが多いが、費用等について一定の前提を置いて検討したところ、新設の大型発電プラントに対しては超臨界圧発電設備の導入が適しているとの結論を得た。さらにカザフスタンにおける電力需要見通し等も踏まえて今後の案件形成に至るプロセスを勘案すると、更新・改善を除き実際の新規案件形成は2020年代になるものと想定される。
 カザフスタンの発電事業には、ロシアや韓国等の企業も積極的に参入を試みており、これらとの競争に勝たなくてはならない。そのためには、国家福祉基金の傘下にある電力会社Samruk Energyをはじめとする相手国の適切なカウンターパートに働きかけるとともに、プロジェクト周辺分野への提案も含め、日本とのビジネスが長期的なコストパフォーマンスに優れたものであるとの認識をカザフスタン側に持ってもらうことが戦略的に必要である。
英文要約Coal occupies a large part of energy portfolio in Kazakhstan. Therefore, it will be an important task for the country to enhance the efficiency of the use of coal which seems to remainremai the largest energy source, as well as to diversify the energy source by the development of natural gas and so on.
 As for the power sector, the largest user of coal, various projects are planned to enhance supply capacity to meet the growing demand for electricity. Almost 80% of the equipment of power stations, 65% of whose installed capacity and 80% of whose generated power use coal as fuel, are aged and inefficient. It is required to introduce technologies to attain more efficient use of coal through the projects. The coal of Kazakhstan, high ash content and low water content, generally causes the erosion of boilers of power stations, and are low in calorific value. Technologies for coal preparation and quality improvement are required to solve the problems.
 The steel industry is the second largest user of coal. The efficiency of the use of coal in the steel industry of Kazakhstan is remarkably lower than that of Japan. There is a need for further improvement of the efficiency.
 In connection with the technologies to meet the above mentioned needs, various types of power generation system from sub-critical to advanced ultra-super-critical and other combined ones are in operation or examined for commercialization in Japan. Japan has technologies for the efficient use of coal applicable to the steel manufacturing both in the type of blast furnace and direct-reduction process. Also, technologies for carbon capture and storage are at validation phase or commercialized.
 It seems to be difficult to introduce the Japanese technologies into Kazakhstan in the steel manufacturing sector because the business chance depends on the discretion of a private company which monopolizes the sector. On the other hand, the power sector is easier to approach since the future strategies of the sector is stipulated in the mid-long term national development programs.
 Power projects in Kazakhstan are planned by the MINT which holds public tenders for procurement. Companies who want to supply power equipment have to apply for the tenders themselves or promote the sales to the winners of the bid. Based on a hypothetical calculation, the introduction of super critical power generation seems to be appropriate for newly planned large scale power plants. It is estimated that the realization of projects will be in the 2020’s considering the required process for projects in Kazakhstan.
 Other foreign companies than Japan are trying to explore the market of electricity business in Kazakhstan, too. In order to be competitive under the situation, the Japanese companies would have to work on appropriate counterparts with attractive proposals to convince the Kazakhstani to believe that business with Japan is the most beneficial to them in the long run.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る