成果報告書詳細
管理番号20130000000540
タイトル平成24年度成果報告書 風力等自然エネルギー技術研究開発 海洋エネルギー技術研究開発 地域協調型海洋再生可能エネルギー利用に関する検討
公開日2013/10/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名国際航業株式会社 株式会社東洋設計
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 地域協調型海洋再生可能エネルギー利用に関する検討

本研究は、漁業関係者やその他の海域利用者等と共存可能な海洋再生可能エネルギー事業の実現可能性を明らかにするため、漁業生物分布や既存の海域利用実態の基本的事項についての文献調査、海洋再生可能エネルギーの基本的事項についての文献調査および地域受容性についてアンケート、ヒアリング調査を実施したものである。
日本沿岸に生息する漁業生物分布について、市町村別漁獲量統計値、資源評価による分布域、産卵場、漁場、海域利用情報等を重ね合わせ、マップを作成した。その結果、全国規模あるいは都道府県規模での漁業生物の分布に関する情報は、統一して整備された情報はなく、多くの自治体でも整備されていないこと、また、作成されていても更新が行われていないことなどが課題として挙げられた。
国内の漁業は、漁業の種類、漁具・漁法、漁業制度による整理を行った。また漁業以外の海域利用者は、船舶の種類、航行区域、航路による整理を行った。その結果、地域毎の漁法や操業実態に関する情報はデータベース化されていないこと、また船舶通航量についてはAIS未搭載の小型船舶の利用実態は調査事例が少ないことが課題として挙げられた。
海洋再生可能エネルギーの導入に伴うステークホルダーが抱える課題を抽出するため、31自治体に対してアンケート調査を実施し、さらに詳細調査として、自治体、漁業関係者、事業者、施工業者に対してヒアリング調査を実施した。その結果、「洋上風力発電の導入による産業誘致の方策」、「洋上風力発電の導入による地域振興の方策」、「洋上風力発電の立地による海域環境、魚類、漁業への影響を定量的に示すこと」、「協調メニューの展開が漁業にとってプラスのメリットとなることを示すこと」、「地域の状況に見合ったメニューの設定」が課題として抽出された。
洋上風力発電の導入による地域振興方策として、漁業や地域での発電電力利用に期待する回答が多く得られたため、漁船漁業、養殖業、漁港におけるエネルギー利用状況の現状把握を行った。その結果、海洋再生可能エネルギーによる発電電力の消費産業として陸上養殖業に検討の可能性があること、製氷施設、冷凍施設、冷蔵施設を保有する漁港のエネルギー消費量を把握する必要があることが示された。
各テーマで抽出した課題から、地域協調型海洋再生可能エネルギーの導入にあたっては、まず各地域の賦存量や経済性を踏まえた導入可能規模を把握し、導入規模に応じて、"環境への影響"、"海域利用者への影響"、"漁業への効果"、"地域に見合った振興方策"、"許認可手続き・調整の円滑化"の5つの課題へ対応する必要があると結論付けた。
海域利用者と共存可能な海洋再生可能エネルギーの導入を目指すためには、地域の状況に応じて総合的な観点から調整を行う自治体との連携が不可欠であり、自治体と協働で既存の海域利用者との信頼関係を構築することが必要である。
また、現状では、既存の海域利用者と海洋再生可能エネルギー事業者が相互理解を図るための情報が十分に整備されているとは言い難く、本報告書の公開により、現状把握、不足する情報基盤の整備がなされ、両者の相互理解へつながることが期待される。


英文要約Title:Study on Regionally Cooperative Utilization of Oceanic Renewable Energy (
FY2012-FY2012) Final Report

This study conducted literature reviews regarding fish distribution and business activities of marine users. It also implemented literature reviews, questionnaires and interviews regarding regionally cooperative offshore wind power. It aims to elucidate feasibility of offshore renewable energy projects that can coexist with existing marine users.
It is concluded from the recognized challenges that introduction of regionally cooperative oceanic renewable energy requires understanding of introduction potential based on resource and economic potential, as well as responses to five challenges such as "impact on the environment", "impact on marine users", "advantage for fishery", "regional development measure", and "development of institutions".

A map of fish near the Japanese coast was drawn by overlaying statistics on fish catches, distributions, spawning grounds, fishing banks, information on marine usage. It was recognized as a challenge that there is lack of information on fish distribution, and that renewal of information has not been conducted.
Domestic fishery was classified according to its category, its gears and methods, and fishing institutions. Marine users other than fishermen were sorted out in accordance with categories of their vessels, navigation zones, and seaways. It turned out to be a challenge that information on fishing operations for each region has not been compiled into a database, and little survey has been implemented regarding small vessels without AIS.
A questionnaire investigation was organized for 31 municipalities so that challenges facing stakeholders in introducing offshore renewable energy are understood. A further study was carried out, where municipalities, those who engaged in fishery, business operators and construction companies were interviewed. As a result, challenges are recognized concerning industry and regional development, ecological impacts, cooperative activities according to regional conditions".
Since the questionnaire revealed many expect to utilize electricity in fishery and the region, a further study was conducted to understand situation of energy consumption of fisheries industry, aquaculture, and fishing ports. It showed that aquaculture on land is a potential industry that can consume electricity generated from offshore renewable energy, and that it is necessary to figure out energy consumption volume of a fishery harbor equipped with ice-making facilities, freezing facilities, and refrigerating facilities.

In order to introduce offshore renewable energy that can coexist with marine users, it is needed to cooperate with a local government and to jointly foster confidential relationship with marine users.
It is difficult to state that there is enough intelligence with which marine users and developers of wind energy can understand each other, and therefore, it is expected that the situation will ameliorate by the publication of this report and consequent upgrading of necessary information.


ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る