成果報告書詳細
管理番号20130000000580
タイトル平成20年度-平成24年度成果報告書 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 システム技術開発 70MPa級水素ガス充填対応ステーション機器システム技術に関する研究開発
公開日2013/10/29
報告書年度2008 - 2012
委託先名一般財団法人石油エネルギー技術センター 東邦瓦斯株式会社 トキコテクノ株式会社 日立オートモティブシステムズ株式会社 大陽日酸株式会社 横浜ゴム株式会社 国立大学法人佐賀大学
プロジェクト番号P08003
部署名新エネルギー部
和文要約 件名; 「水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発-システム技術開発
-70MPa級水素ガス充填対応ステーション機器システム技術に関する研究開発」 
(1)石油エネルギー技術センター(JPEC)
 水素ステーション設備コスト低減のために、水素ステーション関連WGにて機器コストおよび工事コスト低減検討と動的解析を含む詳細設備仕様検討を行った。これらの検証結果と規制見直し効果、量産効果推定結果から、水素ステーションコストが2億円になる見通しを得た。
(2) 東邦瓦斯(東邦ガス)
 70MPa級水素ステーションシステム構築後、定期点検等により、ランニングコスト低減上の課題を抽出した。加えて、主要機器の耐久性を945回(2015年以降の年間想定充填回数)の繰返し充填試験により評価し、性能低下なく運転可能であることを確認した。評価中に明らかとなった一部機器(緊急離脱カップリング、充填ホース等)の技術課題については、参画者に情報展開し、対応策を検証した。
(3) トキコテクノ
 ・要素機器や製作に関わる工数について、量産効果を見込んだ分析を実施し、目標である50%コスト低減の目処を得た。
 ・普及期初期の1年相当(945×2回)にて、弁体を始めとする要素機器について分解調査を実施し機器の健全性を確認した。
(4) 日立オートモーティブシステムズ(日立AMS)
・ディスペンサー内にフィルターを設置することで、捕捉異物の分析による一次側異物発生(不具合)箇所の推定と、故障の予測が可能である見込みを得た。
・新材料の候補材として選定した新材料は、機械加工性,耐水素脆化性とも現時点での推奨材であるSUS316Lと同等以上で水素ステーション等での使用可能を検証した。
(5) 大陽日酸
 プレクール設備の低コスト化、コンパクト化、1年間ノーメンテナンス化を目的とする本研究成果の要約は以下の通りである。
 1.常時-20℃以下冷却を維持した試験データ蓄積と1年間ノーメンテナンスの実績
2.熱交換器の従来比約50%削減と普及期に適した-33℃以下冷却を満足可能なプレクール仕様の導出
(6) 横浜ゴム
・内面層積層による改良型充填ホース仕様を確立し、約20%のコスト低減策と低減実現に必要な検討課題を明確にした。
・改良型充填ホースについて70MPa水素ステーション充填試験425回を実施し、普及期前1年相当(270回)以上の耐久性を実証した。
(7) 佐賀大学
・プレクールシステムについて熱伝達率変化を組み込んだ数値解析を行い、大陽日酸と協力して、最適なプレクール装置を製作した。
・水素ステーションで使用される温度測定センサーの校正実験を行い、温度校正式を提案した。
(8) インフラ基準見直し
鋼種拡大、水素ステーション用複合容器、圧縮水素運送用複合容器、設計係数変更について検討し、技術基準案の整備に資する資料を作成した。
英文要約Title:“Research and Development for Hydrogen Production, Transportation and Storage System / Development for System Technology / Research and Development for System Technology 70MPa Hydrogen Refueling Station”

(1)Japan Petroleum Energy Center
 The working group for reduce facilities costs examined equipment and construction costs as well as detailed equipment specifications. The result of deliberations by the working group combined with predicted effects of the revisions to the relevant regulations as well as of mass production indicates that the total construction cost is expected to be 200 million yen.
(2) Toho Gas Co.,Ltd
 After finishing construction of a 70MPa hydrogen refueling station, technological task on running costs was evaluated. Repetitive dispensing tests more than 945 times were also performed. As a result, there was no performance degradation after tests. Furthermore, technological problems of brakeaway and hose were fed back to makers. Then, improved products were tested.
(3) TOKIKO TECHNOLOGY
 About the dispenser components,we considered about possibilities of 50% cost reduction with the parts maker.
 Dispensing was done for 945×2 times, which is the figure for early period of the spread period on durability. Including the valve body, key components were disassembled for verification and were confirmed that there are no problems.
(4) Hitachi Automotibe Systems
・Estimation of primary side trouble position and time was possible due to analysis of contamination by adding filters for sampling are installed in the trial dispenser.
・The new alloy was selected as alternative materials, is equal to or greater than JIS SUS316L workability and durability resistance of hydrogen brittleness.
(5) TAIYO NIPPON SANSO
 Our propositions are Pre-Cool’s cost reduction, miniaturization and stable operation for one year, as a hydrogen station system. And the summaries of our development are as follows.
 1:We stored the supply data which got -20℃ hydrogen and the pre-cool hasn’t had any troubles.
 2:We reduced the size of Pre-Cool by 50% and drew the specification for commercialization.
(6) THE YOKOHAMA RUBBER
・The specifications of the improved dispenser hose were established, method of approximately 20% of cost cuts and the problem for the cost reduction were clarified.
・As for the improved dispenser hose, the durability more than one year before the spread period was demonstrated in 70MPa hydrogen station.
(7) Saga University
・The numerical analysis had been carried out to improve a precooling system in collaboration with the Taiyo Nissan and was successfully applied to develop an optimum precooling system.
・An experiment had been made to calibrate a temperature sensor which has been used in the Toho Gas Hydrogen station. An equation to calibrate the sensor was proposed.
(8) Study and development on technical standards for hydrogen infrastructure
We have researched and developed on the expanding metal material kinds, the composite vessels for hydrogen stations, design factor in the design criteria of pressure equipment, composite vessels for hydrogen transport. Therefore we created materials that contribute to the development of technical standards
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る