成果報告書詳細
管理番号20130000000710
タイトル*平成24年度中間年報 再生可能エネルギー熱利用計測技術実証事業 太陽熱利用計測技術 (2)
公開日2013/10/25
報告書年度2012 - 2012
委託先名東京瓦斯株式会社 アズビル株式会社
プロジェクト番号P11012
部署名新エネルギー部
和文要約1 共同研究の内容及び成果等

 1-1 超音波熱量計の信頼性評価
  ソーラークーリングシステムが稼働している期間の計測データを計画通りに収集した。
計画通り試験開始6ヶ月後と10ヶ月後の校正値を確認した。
  流量計測の精度劣化は見受けられず、信頼性評価は順調に進捗した。

 1-2 ソーラークーリングシステムの稼動評価
  ソーラークーリングシステムの稼動評価については、東京ガスが本研究の開始前に組み込んだ計測器を用い、データ収集・評価を行った。
  稼動評価として日射量や集熱量などを算出するとともに、冷房期間の太陽熱利用熱量については以下3つの定義を提案した。

  考え方1:吸収冷温水機に投入された熱量
  考え方2:太陽熱温水の冷水変換COP(以下、太陽熱COP)を0.8とみなし、吸収冷温水機に投入された熱量にこれを乗じることで算出される
      冷水出力熱量
  考え方3:太陽熱COPを運転状態に応じて常時算出し、吸収冷温水機に投入された熱量にこれを乗じることで算出される冷水出力熱量

  さらに、考え方2について、吸収冷温水機はガスと太陽熱を同時に使用するため、太陽熱COPのみを計測することができないことから、以下の流れで太陽熱COPが0.8であることの妥当性確認を行った。

 (1)太陽熱COPを0.8と仮定し、太陽熱温水に起因する冷水出力熱量(以下、太陽熱冷水出力熱量)を算出する。
 (2)太陽熱・ガス併用運転時の冷水出力熱量から、太陽熱冷水出力熱量を差し引き、ガスに起因する冷水出力熱量を求め、
  さらにガス焚きによる冷水変換COP(以下、ガス焚きCOP(温水併用時))を算出する。
 (3)吸収冷温水機をガス焚き単独で運転させ、ガス単独運転時のガス焚きによる冷水変換COP(以下、ガス焚きCOP(ガス単独時))を計測する。
 (4)ガス焚きCOP(温水併用時)とガス焚きCOP(ガス単独時)が、よく一致することを確認する。

 データ解析の結果、(4)について、両COPは概ね一致することが確認されたが、負荷率10-20%においてガス焚きCOP(ガス単独時)のデータが不足しているため、今後データ計測を継続し、最終的な評価を行う。

2  成果

 (1)研究発表・講演
なし。
 (2)特許等
なし。
 (3)受賞実績
なし。

3  その他特記事項

 (1)成果普及の努力

 (2)その他
英文要約1 Contents and achievements of this study

 1-1 Reliability evaluation of ultrasonic calorimeter
  The measurement data during the operating period of the solar cooling system was collected as scheduled.
  The measurement data and its accuracy were checked on schedule, in the sixth and tenth month of the test period.
  Lower flow measuring accuracy was not found through the checks.
  The reliability evaluation has been smoothly proceeding so far.

 1-2 
  To evaluate the solar cooling system, data were measured by sensors and meters installed by Tokyo Gas before this research.

  For the evaluation, irradiance, collected heat amount and etc. were calculated, and the determinations of “utilized solar heat amount” in cooling period were suggested in three ways as follows.

 (a)Solar heat amount recovered by absorption chiller.
 (b)Chilled water heat amount calculated by multiplying solar heat amount recovered by absorption chiller by COP(solar heat to chilled water)* assumed as 0.8.
 (c)Chilled water heat amount calculated by multiplying solar heat amount recovered by absorption chiller by COP(solar heat to chilled water)* calculated corresponding to operating condition of absorption chiller.

   *This COP is described as “solar COP”.

 As for (b), solar COP cannot be measured because the absorption chiller utilizes both natural gas and solar heat at once.
 So, a validation for the solar COP was made as follows.

 (1)The solar COP is assumed as 0.8, and the chilled water heat amount by solar heat (“solar chilled water heat amount”) is calculated.
 (2)The Chilled water heat amount outputted by natural gas is calculated by subtracting the chilled water heat amount of the absorption chiller from the solar chilled water heat amount, and COP(natural gas to chilled water) is calculated.
 (3)The absorption chiller is operated only by natural gas and COP(natural gas to chilled water) is measured.
 (4)If the COP calculated in (2) is almost same as the COP measured in (3), the assumption in (1) will be correct.

 As for (4), as the result of data analysis, although two COPs were almost same, it was decided that the measurement and the evaluation should be kept because the data were not enough in 10 to 20% air conditioning load ratio.

  
2 Achievements on this fiscal year
 
 (1)Public release and lecture of this study
Nothing
 (2)Patent
Nothing
 (3)Prize
Nothing

3 Other special instructions
 
 (1)Promotion of achievements
Nothing
 (2)Other
Nothing
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る