成果報告書詳細
管理番号20130000000759
タイトル平成24年度成果報告書 タイ王国工業団地におけるエコ工業団地化及び事業継続性に関する基礎調査
公開日2013/10/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社リサイクルワン
プロジェクト番号P09018
部署名国際部
和文要約本調査は、タイ国工業省(Ministry of Industry、以下MOI)及びタイ工業団地公社(Industrial Estate Authority of Thailand、以下IEAT)と協力し、タイ国内の工業団地を対象に、タイ国が進めるエコ工業団地のコンセプトに従い、我が国の各種技術(再生可能エネルギー、省エネルギー及び環境技術等)を組み合わせることにより、タイ国エコ工業団地の実現に向けた具現的方策を描くことを目的とする。
対象工業団地は、北部工業団地、イースタンシーボード工業団地、レムチャバン工業団地、ノンケー工業団地、バンチャン工業団地、アマタシティ工業団地の6つである。

政府機関、IEAT、工業団地運営者、入居企業、日系企業へのヒアリング、アンケート、及び文献調査を行い各工業団地のエコ化に関する現状把握、課題やニーズの整理を行った。これらの情報収集結果より、事業化の可能性の高いビジネスモデルを検討した。
また、提案するビジネスモデルの妥当性について検証するため、工業省、IEAT、工業団地運営者と複数回に渡りディスカッションを行うとともに、関連する企業に対してヒアリングを行った。

調査の結果、工業団地や入居企業のニーズやエネルギー利用の実態を踏まえると、(1)工場への省エネルギー事業、ならびに(2)工場排水から発生するバイオガスの回収・再生可能エネルギー事業が、事業化としてのポテンシャルが高いことが確認できた。
また、対象とする業種は、排熱、排蒸気を多く発生させており、かつその有効利用ができていない食品飲料工場が挙げられた。また、これらの食品飲料工場からは、BOD(生物化学的酵素要求量)濃度の高い排水を発生しており、発生バイオガスの回収・再利用ができる可能性も高いことがわかった。
工場省エネ事業としては、個別機器の導入よりも生産工程全体を通じてエネルギーの最適利用を図るエンジニアリング技術がビジネスとして成立しやすい。特に、排熱・排蒸気を再利用して熱利用を効率化させるシステム、高効率のクーリングタワーを活用して冷凍機や空調の消費エネルギーを削減させるシステムが効果的と想定される。
バイオガス回収・再生可能エネルギー事業としては、コスト削減が課題であり、排水を嫌気性処理している工場であれば、そこから発生するバイオガスを活用することは可能である。

工業団地への入居企業へのヒアリング結果をもとに、(1)(2)の事業性を評価したところ、概ね3~5年以内の投資回収年数の事業性を確保できると期待できる。また(1)については、概ね2-3割程度のエネルギーコストを削減できることが確認できた。
英文要約This survey, in cooperating with Ministry of Industry (MOI) in Thailand and Industrial Estate Authority of Thailand (IEAT) targets Industrial Estates (IE), along with Eco-Industrial development concepts which the Government of Thailand promotes. The survey aims to draw specific measures in realizing Eco-Industrial Towns/Estates of Thailand, with combining various Japanese technologies (e.g. renewable energy, energy conservation, environment technlogies).
Target six IEs are Northern Region IE, Eastern Seaboard IE, Laem Chabang IE, Nong Khae IE, Bangchan IE and Amata City IE.

We conducted interviews and questionnaire surveys to government organizations including IEAT, IE developers, tenant companies and Japanese corporations together with literature research to understand and identify current issues, tasks and needs of ecological measures in each IE. Based on these collected information, we developed business models with high business feasibility.
We also had several discussions with MOI, IEAT and IE developers to verify validity of our proposing business models and interviewed relating corporations.

As a result of our investigation, due to the needs and actual conditions in energy utilization of IE and tenant companies, we were able to confirm that (1) energy conservation project for factories and (2) recovery and renewable energy project of biogas generated from industrial waste water, has high potential in business development.
Food and beverage factories were adopted as target company category because large number of waste heat and steam exhaust was generated as well as their inefficienct utilization. We also identified that there was high possibility in recovering and reusing biogas generated from these food and beverage factories as BOD density in waste water was high.

It is easier for factory energy conservation businesses to utilize engineering technology which seeks optimal energy utilization through total production process than to introduce separate equipments. Especially, following systems can be assumed effective, such as to improve efficiency of heat utilization by reusing waste heat and steam exhaust and to reduce consumption energy of freezer or air conditioning by utilizing high-efficient cooling tower.
Cost reduction is an issue for biogas recovery and renewable energy business. It is possible for factories processing anaerobic waste water treatment to utilize biogas generated from these facilities.

Based on interviews to tenant companies of IE, our feasibility evaluation of (1)(2) indicates that we can expect to ensure business feasibility of approximately within three to five years of payback period. Furthermore, we were able to confirm energy cost reduction of approximately 20 % to 30 % for (1).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る