成果報告書詳細
管理番号20130000000786
タイトル平成24年度成果報告書 カザフスタン共和国及びキルギス共和国における省エネルギー基礎調査
公開日2013/10/18
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09018
部署名国際部
和文要約カザフスタン共和国及びキルギス共和国における省エネルギー基礎調査 要約

 カザフスタン共和国(以下、カザフスタン)は、中央アジアに立地する資源国であり、石炭、天然ガスや金属資源を豊富に産出する。このため、電力価格は割安であり、一人当たりGDPの水準から考えて電力消費は大きく、貴重な輸出資源であるエネルギーをより大切に使うことが求められている。カザフスタンの最終エネルギー消費は、産業セクターが46%を占め、運輸(13%)、民生(11%)、商業(9%)の順となっている。電力消費量は52,946百万kWhで、その内訳は、製造業の62.3%、鉱業の20.2%の順となっている。製造業では貴金属・非鉄金属業の13,620.3百万kWh、製鉄業の11,716.3百万kWhが大部分を占める。従って、省エネルギーにおいては、金属精錬、製鉄、セメントなどのエネルギー多消費セクターが重要セクターとなる。
 今後、NEDOが実施すべき支援として、本件のカウンターパートとなるカザフスタン産業・新技術省(MINT)から、施行が開始されたばかりの省エネ法の実行支援が強く求められている。具体的には、収集したデータの解析や、ベースラインの設定、監査会社への監査スキルのキャパビルなどが求められている。これらは、我が国が政策の上流に入る上でも有効であり、ぜひ実施すべきである。また、金属精錬など、主要工場からも、日本による省エネ監査を歓迎する声が多くあった。従って、省エネ監査を通じ、我が国の技術で導入可能なものを見極め、セミナーや現地監査会社へのキャパビルを通じ、技術の導入を促していくことが望ましい。
 
 キルギス共和国(以下、キルギス)は、電力を水力発電に依存した構造となっており、冬季の渇水時の発電能力の低下など、供給面でのリスクを抱えている。また、経済発展に伴い、産業や住宅・オフィスでの電力や熱の需要の増加も見込まれ、需要増に対応したエネルギー供給を確立していくことも重要な課題となっている。キルギスのエネルギー消費動向を見ると、GDP当たりのエネルギー消費量は、他地域に比べ高い状況にある。最近は、低下傾向にあるものの、アジアなどの他の地域は、経済発展を進める中で、省エネルギー等によりエネルギー利用効率の向上を図っており、経済発展に伴うエネルギー消費量の拡大を抑制しつつ、経済発展を行うことが不可欠である。 産業別の電力消費の状況を見ると電力消費割合の大きい産業分野が存在しておらず、特定の重点産業に特化した対応ではなく、幅広い産業分野での取組が必要である。
 2008年に策定された「国家エネルギー計画」では、省エネルギー対策の方向性が打ち出されているものの、実施方策は、今後、具体化される状況である。このため、日本での省エネ法などの実施方策(エネルギー管理士の設置、事業者の義務・目標設定、行政への報告の仕組み等)に関し、現地関係者の関心やニーズが高い。このような状況を踏まえると、日本とキルギスの連携においては、まずは、日本での省エネルギー対策の経験を紹介しつつ、制度構築の支援、人材育成など具体化のための支援を行うことが重要なテーマである。また、特定の地域や産業分野において、パイロット的な取組の実施を検討し、具体的な地域や産業分野において省エネルギー対策を具体化し、取組を先導するアプローチも重要と考えられる。
英文要約Summary

The Republic of Kazakhstan is a resource-abundant Central Asian country which produces large amounts of coal, natural gas and metal resources. Electricity tariffs are comparatively low, and electricity consumption compared to GDP per capita is high. As energy is a valuable export commodity, more efficient usage of energy is highly sought after by Kazakhstan. The industrial sector accounted for 46% of final energy consumption in Kazakhstan. Electricity consumption in the industrial sector amounted up to 52,946 GWh in 2010, out of which the manufacturing industry accounted for 62%, and the mining sector for 20%. Regarding energy conservation, energy-intensive sectors such as the metal refining industry, steel manufacturing industry, and cement industry are the most important targets. Policy implementation support with the energy conservation law, which was enacted recently, is strongly requested. Specifically, support in analysis of data gathered by the energy management mechanism, baseline setting, and capacity building for energy auditors is requested. This support will allow Japan to be actively involved in the policy making process, and is therefore mutually beneficial for Kazakhstan and Japan. In addition, major plants such as metal refineries would like Japan to conduct energy audits of their facilities. Therefore, it is desirable to identify technologies from Japan which can be introduced in Kazakhstan through energy auditing, and promote the deployment of technologies through seminars and capacity building of local auditing companies.
The Kyrgyz Republic relies on hydraulic power for the electricity supply and has a risk of power failure in a drought period in winter when the power generation capacity falls. In addition, with the economy developing, the electricity and heat demand is expected to increase in industries, and residential and office buildings: establishing an energy supply system responding to the increased demand is an important task. The country has no industry that consumes the particularly large amount of electric power, and thus measures to improve energy efficiency should be addressed to a broad range of industries, rather than specific industries. The National Energy Program formulated in 2008 shows a direction of energy-saving measures, but specific measures have not yet been developed. Therefore, the parties concerned in Kyrgyz show a great interest in Japan’s Energy Saving Act and enforcement methods. Important issues that the Japanese side should tackle in the Japan-Kyrgyz cooperation are to introduce Japan’s experience in energy saving, and give assistance for institution-building, human resources development and other fields so that Kyrgyz can formulate specific measures. It also seems important to take the lead in efforts for energy efficiency by considering implementing pilot measures in certain areas or industries and crystalizing energy-saving measures to be taken in such areas or industries.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る