成果報告書詳細
管理番号20130000000899
タイトル平成23年度-平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術実証事業 低濃度炭鉱メタンガス(CMM)濃縮技術実証事業(中国)
公開日2013/10/18
報告書年度2011 - 2012
委託先名大阪瓦斯株式会社 大阪ガスエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約本事業の目的は、大気放散され、未利用となっているメタン濃度が低いCMM(Coal Mine Methane)を有効利用し、省エネルギー及び地球環境保全の推進を可能にするCMM濃縮技術の中国国内での導入と普及の可能性を調査研究することである。
本事業では、CMM濃縮設備の基本設計、詳細設計を実施し、商用機建設に向けたノウハウを収集することが出来た。また、CMM濃縮設備の主要機器の実用性及び有効性を確認することが出来た。これらの結果から、CMM濃縮設備商用機の設計パッケージを確立することが出来た。主要機器の機能検証により、設計パッケージが実現可能であることを確認した。
本事業で確立したCMM濃縮設備商用機の設計パッケージを用いて、今後中国国内にてCMM濃縮技術の普及促進を行う。
英文要約itle:International cooperative diffusion project of energy conservation technology; the Technology Demonstration Project, the Low-concentration Coal Mine Methane (CMM) Gas Concentration Technology Demonstration Project (China)(FY2011-FY2012) Final Report

The purpose of this Project is to survey and study the feasibility of introducing and diffusing CMM concentration technology within China to make it possible to advance energy conservation and global environmental preservation by efficiently using low-methane-concentration CMM, which is emitted into the atmosphere in an unused state.
In this project, we conducted the basic and detailed engineering for the CMM concentration facility. As a result, we could collect the know-how for construction of a commercial facility. In addition, the practicality and availability of primary equipment for the CMM concentration facility could be confirmed. Based on these results, a design package of commercial equipment for the CMM concentration facility has been established. The feasibility of the design package has been confirmed through the verification of the functions of major equipment. By advancing the diffusion of CMM concentration technology in China using the design package for the commercial CMM concentration facility established through this project, we will diffuse the technology across China.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る