成果報告書詳細
管理番号20120000000976
タイトル平成23年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B38006a 二ホウ化マグネシウム超電導線材を用いた液化水素用液位センサおよび送液ポンプの要素技術開発研究とそのシステム化研究 平成23年度最終
公開日2013/11/23
報告書年度2008 - 2012
委託先名国立大学法人九州大学柁川一弘
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約MgB2線材を用いたレーストラック型要素コイルを製作し、その良好な通電特性を確認した。レーストラックコイルを組み合わせた固定子巻線を製作し、MgB2回転子の同期回転に成功した。液位センサと超電導モータを組み合わせた超電導ポンプシステムを構築した。MgB2液位センサは容器内の液量を計測するだけでなく、MgB2モータの回転制御にも利用した。MgB2ポンプシステムを液体ヘリウムに適用し、手動送液試験および自動送液試験を実施した。さらに、液体水素中における超電導式液位センサおよび超電導モータの正常動作を確認した。構築した超電導ポンプシステムによる液体水素の移送試験にも成功した。
英文要約Elementary coils in the form of a racetrack with MgB2 wires were fabricated, and their good transport properties were confirmed. Stator windings composed of the elementary coils were prepared, and they could successfully rotate the MgB2 rotor at the synchronous speeds. A superconducting pump system, into which the superconducting level sensors and motor were incorporated, was constructed. The sensors were used not only to detect the liquid level but also to control the motor. The tests of manual and automatic transfers of liquid helium were carried out with the pump system. Furthermore, the normal operations of the MgB2 level sensors and motor were confirmed in liquid hydrogen. The liquid hydrogen was successfully transferred using the MgB2 pump system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る