成果報告書詳細
管理番号20120000001109
タイトル平成23年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A22005a 周波数変調ケルビンプローブ原子間力顕微鏡による固液界面での原子スケール表面構造・電位分布同時計測技術の開発 平成23年度中間
公開日2013/11/23
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人金沢大学福間剛士
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約昨年度までに、液中で表面構造と電位分布を10 nmの空間分解能と10 mVの電位分解能で計測できるオープンループ電位顕微鏡(OL-EPM)を開発した。本年度は、本技術の空間分解能を1 nm以下に改善した。また、本技術の商品化に必要とされる、OL-EPM観察に適した標準試料の作製法を確立した。さらに、ユーザ企業との共同研究にも取り組み、実用上の課題を明らかにした。特に、高濃度電解液中および絶縁体上での測定に関しては、それらを解決するための技術を開発した。
英文要約In FY2010, we developed open-loop electric potential microscopy (OL-EPM) that is capable of imaging surface structures and potential distribution with 10 nm spatial and 10 mV potential resolutions in liquid. In addition, we established the sample preparation protocol for the standard sample for OL-EPM measurements. This has been one of the important requirements for commercializing the developed method. We also started to collaborate with user companies and clarified technical issues in the application of OL-EPM to the collaborative research projects. Among them, we developed techniques to enable operation of OL-EPM in a relatively strong electrolyte solution and on an insulating surface.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る