成果報告書詳細
管理番号20120000001118
タイトル平成23年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09B35003a 金属カルシウムのナノ分散体によるPOPs含有複合汚染物の無害化における投入エネルギー最小化に関する研究 平成23年度中間
公開日2013/11/23
報告書年度2011 - 2011
委託先名県立広島大学三苫好治
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約前年度開発した「ナノカルシウムを用いる重金属不溶化技術」を改良し、放射性セシウムによって汚染した土壌を常温乾式下で高濃度部分と低濃度部分に迅速に分離することが可能な新技術を開発した。金属カルシウムと酸化カルシウムからなるナノカルシウムに鉄粉を加えて土壌表面に薄膜を生じさせ、次いで磁力選別を行うことで放射性セシウムの濃縮分離を達成した。本技術は重金属含有土壌の濃縮分離にも効果があることを明らかにした。他方、PCBの分解においても引き続き簡便かつ確実な手法の開発に努めており、ナノカルシウムを改良した触媒による分解法を開発した。
英文要約We established new removing method of radioactive cesium (137Cs) from the real contaminated soil obtained from Fukushima by nano-sizing powder of metallic calcium, iron, and calcium oxide under mild conditions such as at ambient temperatures, ordinary pressure, and further without any wastewater generation. The new nano-sizing particles can easily and quickly cover the surface of polluted soil by means of a reaction of calcium and calcium oxide with natural moisture in polluted soil. Consequently, we achieved high concentrated radioactive cesium in magnetic separation part of the treated soil absolutely under dry condition. On the other hand, we also applied nano-sizing calcium powder to direct dechlorination of PCBs in soil without any pretreatment. As the results, the use of the calcium powder with small amount of catalyst is very powerful to dechlorinate PCBs in soil at heating conditions.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る