成果報告書詳細
管理番号20120000001119
タイトル平成23年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09B35006d 脈動性を用いた再層流化による高効率流体輸送技術の開発研究 平成23年度中間
公開日2013/11/23
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人東京農工大学岩本薫
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約加速・減速期間別に動力削減効果に与える圧力波形の重要な指標を求めた。
90度ベンド管を有する装置を別途作成した。より曲率半径の大きい曲がり管を有した昨年度までの装置における結果と有意な差異が無いことから、曲がり管が脈動流の動力削減効果に与える影響は小さいことが分かった。
すべての管径が等しい分岐管を有する流路を新たに作成した。分岐前、及び流量が減少する分岐後の主管・枝管すべてにおいて抵抗低減効果を確認した。
英文要約Important parameters of pressure waves for the drag reduction rate are examined in the acceleration and deceleration phases.
A new experimental apparatus with 90 degree bent pipes was produced. The effect of bent pipes upon the drag reduction rate was small, since the difference of the results is negligible between the present apparatus and the old one with bent pipes of larger curvature radius.
A different new experimental device with branch pipes with same radius was manufactured. The drag reduction effect was confirmed at all the main and branch pipes.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る