成果報告書詳細
管理番号20130000000012
タイトル平成23年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B04011c 潮流発電に適したバイオミメティック・シールの開発 平成23年度中間
公開日2013/11/23
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人熊本大学中西義孝
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約生体関節軟骨を模倣するために親水性多孔質ポリマーであるポリビニルホルマールを、生体関節液を模倣するためにポリエチレングリコール水溶液を、それぞれ利用することで低摩擦・低環境負荷・気相/水層分離性を飛躍的に高めたベアリング/シール システム”Bio-Star”シリーズの開発に成功した。Bio-StarとはBiomimetic System for Tidal power generation learned from Articular cartilageの頭文字をとったもので、生体関節軟骨の優れた潤滑機能を模倣した完全なオイルフリーのベアリング/シールシステムを意味する。
このシステムの搭載により 1)あらゆる速度域においても優れた低摩擦を維持するため、発電効率が向上する 2)自然に優しい潤滑液の利用により、環境負荷が低減(油も使わないので、河川が汚れることもない)などのメリットを例示できた。
ベアリングタイプのBio-Starを搭載した河川流発電システムを開発し、実証試験を開始した。
英文要約Bio-Star (Biomimetic System for Tidal power generation learned from Articlar cartilage) was successfully developed by using the polyvinyl formal as a bearing material and the aqueous solution of polyethylene glycol as a lubricant. The Bio-Star is a kind of oil-free bearing or seal with environmentally-friendly, ultra-low friction and good separation between gas phase and water phase.
Micro power-generation system equipped with the Bio-Star was also developed and has been under verification tests in a river.
By adopting the Bio-Star,
1) High generation efficiency is expected because of the ultra-low friction in varieties of water flow speeds.
Environmentally-friendly system is produced because of using low toxicity materials.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る