成果報告書詳細
管理番号20130000000030
タイトル平成23年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業11B11010d 木質細胞ヒエラルキー界面をセミソリッド化する非平衡塑性加工技術の開発と自動車用木材・プラスチック複合材料への展開 平成23年度中間
公開日2013/11/23
報告書年度2011 - 2011
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所三木恒久
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約産総研独自技術である「木材の流動化(セミソリッド)成形」を核にして,木質細胞の階層構造に各種バインダを選択的に導入することで,プレス成形時に細胞実質の高機能化と同時に細胞間層のセミソリッド化による3次元大変形が可能となった.バインダとして,低分子フェノール樹脂を木質素材に導入することによって,流動化が促進し,50MPa以下の圧力で成形が可能となった.そして,側方押出し成形を適用して,50wt%以上で木質素材を含有したWPCを得た.この物性値として,曲げ強度120MPa,剛性8GPa,シャルピー値3kJ/m2,熱たわみ温度100℃を持つ木材・プラスチック複合材を高生産(成形時間1プレス5分以下)で得ることができた.また,3次元形状への後方押出し加工も可能であった.
英文要約Based on AIST fundamental technique; wood flow processing, it was possible to obtain wood plastic composites with 50 wt% over of wood contents for introducing a low-molecular phenol resin into wood cells and its intermediate cellular regions. By this method, conventional plastic forming such as forging like pressing, extrusion process could be adapted to treated woods with comparably higher production time than existing wood shaping methods. Physical properties of resultant WPC products showed 120 MPa of the bending strength, 8GPa of the bending Young’s modulus, 3kJ/m2 of the Charpy impact strength and 100 ℃ of the thermal deflection temperature. Furthermore three dimensional shaping of WPC could be achieved by a backward extrusion process within 5 minutes in a pressing shot.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る