成果報告書詳細
管理番号20130000000031
タイトル平成23年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業11B11016d オール溶液、オール室温で形成可能な有機デバイス印刷プロセスの開発 平成23年度中間
公開日2013/11/23
報告書年度2011 - 2011
委託先名独立行政法人物質・材料研究機構三成剛生
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約室温で塗布・乾燥が可能な金属微粒子インクを用いた微細電極のパターニング技術を確立し、同じく室温で塗布形成可能な有機半導体と絶縁ポリマーを用いて、世界で初めて全く焼成を必要としない完全常温塗布プロセスによって有機トランジスタを形成した。作製した有機トランジスタの動作を実証し、平均移動度0.21 cm2/ V sを得た。
英文要約The room-temperature-processable metal nanoparticle ink having a conductive semiconductor material as the ligand was developed for room-temperature printing of electronic devices. We also developed high-resolution printing technique of metal nanoparticle under ambient atmosphere. By using the metal nanoparticle ink and the printing technique, we successfully fabricated organic field-effect transistor arrays by room-temperature printing. These devices exhibited an average field-effect mobility of 0.21 cm2/V s.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る