成果報告書詳細
管理番号20130000000034
タイトル平成23年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業11B16001d 新規配向制御による単結晶級性能をもつ多結晶圧電セラミックスの開発 平成23年度中間
公開日2013/11/23
報告書年度2013 - 2014
委託先名国立大学法人長岡技術科学大学田中諭
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約磁場を用いた材料開発法の基盤技術を強化しつつ、配向によって物性向上が期待される(BiNa)TiO3(BNT)系酸化物の高特性化について検討した。磁場配向の基礎的検討では、セラミックス原料粉体中には、Aggregateが含まれ、単粒子化が磁場配向には重要であることを新たに示した。BNT単体の配向体の作製では、配向しやすいBi4Ti3O12を利用して、反応焼結で配向BNTを作製した。特性においても配向の効果が見られた。ただし、未反応物について課題が残った。BNTにBaTiO3を添加してBNBTを合成し、結晶異方性を生じさせた系では、スラリー分散条件の検討で、配向体を作製できた。特定の方向のみの配向の点では課題があるが、特性においては著しく向上する結果が得られた。
英文要約I examined the generic technology of the materials development method using the magnetic field. In raw powders, aggregates were included, and a single particle was important to the magnetic field orientation. For fabrication of oriented BNT ceramics, I could manufacture oriented BNT by reaction sintering using BiT particles which were easy to orient in magnetic field. The effect of the orientation was seen in the characteristic. But a problem was left about non-reaction BiT. I examined the oriented BNBT with crystal anisotropy. I succeeded oriented BNBT from dispersed slurry. There was a problem at the point of the orientation for specific directions, but a,c-axis-orientation was remarkable in the characteristics.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る