成果報告書詳細
管理番号20130000000035
タイトル平成23年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業11B16002d 革新的ナノ接合を活用した水中接着性ポリフェノール重合体の創製 平成23年度中間
公開日2013/11/23
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人九州工業大学金子大作
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約シナモンに含まれる3,4-Dihydroxyhydrocinnamic acid (DHHCA)とベリー類に多く含まれる3-(3-Hydroxyphenyl)propionic acid (3HPPA)を無溶媒エステル交換反応により、接着剤樹脂poly(DHHCA-co-3HPPA)の合成に成功した。この接着剤はガラス、炭素、鉄など様々な工業用材料の表面に強固に接着する事が分かった。また、口腔内を想定し37℃水中での溶出物の解析を行った。オリゴマーや未反応モノマーの溶出は約3日で止まり、口腔内環境でも安定する事が期待できる。更に歯髄細胞を用いた細胞毒性試験を行い、無害である事も確認できた。牛歯を用いたin vitoro接着試験においては、15MPa以上の接着強度を保ち、歯科用接着剤として十分に応用可能であると考えられる。
英文要約We have synthesized novel adhesive polymers from plant derived monomers, as 3,4-Dihydroxyhydrocinnamic acid (DHHCA) and 3-(3-Hydroxyphenyl)propionic acid (3HPPA) by ester exchange reaction.
This adhesive demonstrated high adhesive strength over various kind of engineering materials as glass, carbon and steel surfaces. This adhesive is also expected to be used in human mouth as dental adhesives, we have evaluated eluted substance in 37℃ water. Elution of unreacted monomers and oligomer were stopped within 3 days. It was also confirmed that this adhesive is safety to human pulpal cell by MTT assay test. Moreover, in vitoro adhesive test using real cow tooth, it demonstrated over 15MPa adhesive strength. These results indicate our adhesive can be used as dental adhesives.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る