成果報告書詳細
管理番号20130000000081
タイトル平成18年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 民生用水和物スラリー蓄熱空調システムモデル事業可能性調査
公開日2013/11/12
報告書年度2006 - 2006
委託先名JFEエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本事業は、省エネルギー対策及び、再生可能エネルギー事業を積極的に推進しているタイ国を対象とし、民生用のオフィスビルに対し省エネルギー型蓄熱空調設備を用いることにより、省エネルギー及び、温室効果ガス排出削減の適用可能性を検討するものである。
具体的な検討のための適用技術は、NEDO技術開発機構のエネルギー使用合理化技術実用化開発において、当社と共同開発した「水和物スラリー蓄熱空調システム」であり、夜間蓄熱における省エネルギー化、ピークシフトによる電力負荷平準化でもエネルギー効率向上を図ることが可能なものである。特に、設置条件によってはタイの気候特性を鑑みると、消費電力の最大約30%の削減が可能と想定され、普及段階においては、既築のオフィスビルをはじめ大型ホテル、コンベンションセンター、工場の事務所棟等への普及が見込まれる。具体的には、タイ国内の商用施設における空調設備の熱源機導入状況調査、導入可能なサイト候補絞り込み、モデル事業への導入プランを立案する内容となっており、エネルギー施策等の実現に向けた周辺調査も併せてまとめた。
モデル事業としての適切なサイト候補の絞込みとしては、タイ国電力公社であるEGATの新館ビル及び、本館ビル、また、タイ国石油ガス公社であるPTT本部に隣接するオフィスビルを挙げており、設備、規模、方法などの具体的な計画を立案し、相手国政府機関及び、実施サイト機関等と共同事業としての可能性について調査を行ない調査報告書とする。

(1) 水和物スラリー蓄熱空調システム
水和物スラリー蓄熱空調システムの特徴は以下の通りである。
・ 水の2倍程度の熱密度をもち水蓄熱よりも蓄熱槽の小型化が可・br>・ 蓄熱しないシステムに比べ冷凍機容量の小型化が可・br>・ 氷蓄熱と比べ高い温度域で蓄熱が可能なため、冷凍機効率も低下させずに蓄熱が可・br>・ 冷凍機の効率が最も良くなる定格運転を蓄熱運転状態で実現
・ 外気温度の低い夜間に蓄熱運転をするので冷凍機の効率が向上
・ 受電設備容量の削減


(2)モデル事業のサイト候補先の絞込みについて
FSを実施するに当たり、空調設備としての導入を考慮し、一般の商用施設の他に公的な事務所ビル、工場内事務所棟など多々が考えられたが、タイ国におけるモデル事業としての導入に最も相応しい候補として検討に入った結果、15,000m2以上の建物で、300RT以上の冷房負荷を持つセントラル空調システムで運用されている建物を対象とした。その結果、3施設につき詳細な調査をすることとし、1つ目はタイ電力公社EGATの新館ビル、2件目はその本館ビル、3件目はタイ石油ガス公社PTTに隣接する関連オフィスビルである。いずれも20,000m2以上の建物かつ、セントラル空調システムで運用されるビルであり、設備的にも公共性という観点からも適切なサイト候補先であると考えた。

(3)本事業の結論として
 前述の実施サイト候補を比較した結果、タイ電力公社内に建設予定の新館ビルが最もモデル事業としての導入に相応しいという結論に至りました。理由として、第1にモデル事業実施の可能性として、サイト候補の中で最も省エネルギー効果及び、CO2削減率が得られること、第2に、当該システム及び蓄熱槽が無理なく設置可能であること、また、改修に係る導入のための付帯作業が無いことが挙げられます。第3にサイト候補先が省エネルギーの最先端を行くシンボリックな建物として、DSM局(Demand Side Management)との協力による普及体制が立てられることも大きなアピール性としての観点から有益であると考えられます。省エネルギー効果は既存システムに比して21.9%の削減を想定しており、728ton/年の温室効果ガス排出削減効果が得られます。他方において、EGATの本館、Energy Complexのビルについては、導入のための改修に係るコストなどの要因及び、省エネルギー効果の観点から適切ではないと判断しました。
英文要約This system makes it possible to improve energy efficiency, using nighttime heat storage, as well as and an electric power load leveling system which takes advantage of a peak shift in power consumption. In particular, because power consumption can be reduced by a maximum of approximately 30%, depending on installation conditions, even under the climatic conditions in Thailand, the spread in the use of CHS technology, in existing office buildings, but also large hotels, convention centers, buildings in factory, can be expected. This study investigated in a practical way how heat source devices in air-conditioning systems could be introduced in commercial buildings in Thailand. The scope of the study was limited to candidates where introduction is possible, and a plan for a procedure for introducing the system was drafted.
After narrowing the scope to appropriate candidates for a model project, the introduction plan, considered equipment, scale, methodology, and related matters. In addition, a study was also carried out to investigate the possibility of implementation as a joint project with EGAT New Office building, Main building and PTT's Energy Complex, at the implementation site, and others, as well as the possibility of implementation as a CDM (Clean Development Mechanism) project, and the probability of dissemination of the system. The study results were reported to those concerned as well.
The CHS system has the following features:
・ The CHS as a cooling medium has a thermal density approximately 2 times larger than water, and , as a result, a more compact thermal storage tank is possible than with chilled water thermal storage.
・ A smaller refrigerator capacity is possible in comparison with systems without
a thermal storage tank.
・Latent heat thermal energy storage (thermal storage) at approximately 8°C enables
thermal storage with no reduction in refrigerator efficiency in comparison with thermal storage using ice.
・ Rated operation of the refrigerator is possible in thermal storage operation, thus securing the highest level of equipment efficiency.
・Because thermal storage operation is performed at night, when the outside air
temperature is lower, refrigerator efficiency is improved.
・The capacity of power receiving equipment can be reduced.

In implementation of the FS, because the system will be introduced as air-conditioning equipment, numerous candidates are conceivable, including general commercial facilities, office buildings, factories, etc. However, as suitable candidates for introduction as a model project in Thailand, we focused on three buildings over 15,000 m2 in area, which have central air-conditioning systems. As a result, we chose EGAT New building, EGAT Main building, and a third, PTT's Energy Complex for detailed research. The buildings concerned are over 20,000m2and use central air-conditioning systems, and are thus suitable to be nominated as project candidate buildings in view point of consumer use.

As a result of comparison between these nominated buildings, we decided that EGAT New building would be the best model project site. The reasons are: 1) The building has the largest energy saving rate as well as CO2 reduction rate. 2) The system and storage tanks can be installed without additional renovation works. 3) The owner of the building wants to make this building a symbol of an energy saving type of building in his company and, it could be possible to ask for cooperation in disseminating the system with the Bureau of the DSM (Demand Side Management) of EGAT. The energy saving ratio reached approximately 22% and 728ton/year of CO2 reduction volume can be expected. On the other hand, the EGAT Main building and Energy Complex need additional renovation cost and both have a lower energy saving ratio than the new building. Therefore, we came to the conclusion that these two buildings are not appropriate to nominate for the model project site.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る