成果報告書詳細
管理番号20130000000462
タイトル平成24年度成果報告書 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 次世代技術開発・フィージビリティスタディ等 水素需給の現状と将来見通しに関する検討
公開日2013/11/12
報告書年度2012 - 2012
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P08003
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 次世代技術開発・フィージビリティスタディ等 「水素需給の現状と将来見通しに関する検討」

燃料電池自動車(FCV)は2015年以降に一般普及開始が見込まれ、その燃料となる水素の安定供給が必要となる。本調査では、水素の需要と供給に関する現状と将来の見通しについて、情報収集を行うとともに、最新の知見を反映した定量的な推計を行い、今後の課題について整理した。調査は主に文献調査、ヒアリング調査をもとに実施した。
供給に関しては、国内の石油、鉄鋼、化学(ソーダ工業)、都市ガス改質、および海外からのケミカルハイドライドや液体水素による船舶輸送が見込まれる。2030年頃には数百億Nm3の規模での供給が可能であることが示唆された。
需要に関しては、FCVのみならず、将来の大規模発電所における燃料としての利用可能性が示された。当該燃料としての利用に関しては環境制約の強化等の条件があるが、利用される場合には数十-数百億Nm3という大規模な需要が発生する。
需給を総合して解釈すると、条件次第ではあるものの、将来的な水素需要は国内における供給ポテンシャルのみではまかなえない可能性もあることが示された。今後の課題としては、水素供給コスト削減につながる技術開発や、技術実証を行っていく上で抽出された新たな課題への対応等が考えられる。
英文要約Title: Development of Technologies for Hydrogen Production, Delivery, and Storage Systems  Development of Next-generation Technologies and Feasibility Studies Research on the recent status for supply and demand of Hydrogen and Future Prospects 

Fuel Cell Vehicles (FCVs) are expected to be publicly available in 2015 or after, and hence stable supply of hydrogen, fuel of FCVs, will be required. In this research, we gathered information for the current status and future perspectives of hydrogen supply and demand. We also conducted quantitative estimations reflecting up-to-date knowledge and stated future challenges with regard to hydrogen. This research has been based mainly on literature survey and interviews.
There is a great potential that hydrogen produced by domestic oil, iron and steel, and chemical industries, natural gas reforming, or transported from overseas in a form of chemical hydride or liquid will be available some time between 2015 and 2030. It is estimated that tens of billions of Nm3 of hydrogen could be supplied to Japan around 2030.
As for the demand side, hydrogen may be used as a fuel for large-scale power plants as well as FCVs in the future. If some difficulties, such as severe environmental constraints, are overcome in order to use hydrogen as fuel, a large volume of hydrogen (billions ~ tens of billions of Nm3) will be in demand.
From the viewpoint of a gap between supply and demand, this research shows that supply potential of hydrogen in Japan may be insufficient to meet the future hydrogen demand under certain conditions. In addition to technological challenges for supplying hydrogen at lower costs, technological demonstrations will present us with further new challenges that need to be solved.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る