成果報告書詳細
管理番号20130000000758
タイトル平成24年度調査報告書 米国省エネビル市場における主要省エネ技術の普及動向調査
公開日2013/11/12
報告書年度2012 - 2012
委託先名Energistics LLC
プロジェクト番号
部署名省エネルギー部
和文要約米国の全エネルギーの41%はビルによる消費であり、オバマ大統領は2011年2月に「ビル
ディング改善イニシアティブ」を発表し、ビルの省エネルギー化は、コスト削減、公害対
策、国内雇用創出を達成する最も迅速かつ簡単で経済的な施策の一つと位置付けている。
また、米国におけるグリーンビルディングの需要は3000億ドルと見込まれる大市場であ
る。こうした背景を踏まえ、本調査では、日本企業が米国企業との協力によって米国省エ
ネルギービル市場を開拓するために必要な活動として、省エネルギービル、特にNet Zero
Energy BuildingやNearly Zero Energy Buildingに関するプレイヤーや想定顧客等につい
て調査を行った。
英文要約In the U.S. that 41% of the total energy is consumed by buildings, President Obama announced the “Better Building Initiative” in February 2011, and the energy saving of buildings is positioned as one of the economic measures to accomplish cost reduction, pollution control and national employment creation most rapidly and easily.

Also, the green building in the U.S. is a big market that the demand is expected to be $300 billion. Based on these backgrounds, this survey investigated the players and clients related on energy saving building, especially Net Zero Energy Building and Nearly Zero Energy Building, in order that Japanese corporations will create the market for energy saving in the U.S. with the cooperation of American corporations.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る