成果報告書詳細
管理番号20130000000943
タイトル平成24年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09B36020a リスタック法によるNb3Al線材実用化に向けた要素技術の開発 平成24年度最終
公開日2013/11/12
報告書年度2012 - 2012
委託先名独立行政法人物質・材料研究機構伴野信哉
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約Ta/Cu/Ta分散バリア型前駆体線材を用いたリスタック線材の長尺化を図り良好な加工性が実証された。線材の電流輸送特性を向上させるため、アトムプローブによる微細組織分析を行い、Nb3Al結晶粒内に存在する積層欠陥上に強いAlの偏析が確認できた。積層欠陥が磁束ピンニング特性に大きな影響を及ぼしている可能性が確認できた。
英文要約We demonstrated better deformability of restacking Nb3Al wires using Ta/Cu/Ta barrier precursors. In order to improve the critical current density, we performed atom probe tomography analysis and found the influence of stacking faults on flux-pinning property.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る