成果報告書詳細
管理番号20130000000952
タイトル平成24年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A25003a 超微量ゲル試料の構造解析システムの開発 平成24年度最終
公開日2013/11/12
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人山形大学古川英光
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約 実用化SMILSシステムの プロトタイプII号機の開発を完了した。
 計画当初はXY自動ステージシステムを導入して走査系を構築する予定であったが、試料を移動する際の位置決めに時間がかかり、1つの試料の測定に数時間を要することが判明した。これを克服するためにガルバノミラーユニットをプロトタイプIIに実装することによって、微小ゲル試料中の1000×1000カ所の各点で拡散係数(測定可能範囲は10-12-10-9m2/s)を高速に算出して、試料内部の緩和係数分布を空間分解能1μmでイメージングする技術を確立した。これにより企業との共同研究を開始する際にSMILSの革新性を強くアピールできるようになった。
 またプロトタイプIよりもコストパフォーマンスの高い新しいインターフェースをリアルタイムPCS計算機に実装し、64Mパルスを1秒以内に取り込むことができる性能を実現した。これと絡めて新しいPCS計算機を活用できるユーザーが使い易いゲル試料解析専用ソフトウェアの開発を進め、プロトタイプIIへの実装を完了した。これらの取り組みにより、連携企業との実用化の共同開発に速やかに移行し、実用化事業に早期に着手できる状況に至った。
 以上の様に、当初の目標を順調に達成し、本システムの優位性を更に高め、世界標準のゲル解析システムとして実用化する可能性を十分に高めることができた。
英文要約A prototype II of the new Scanning Microscopic Light Scattering (SMILS) system for practical uses has been completed.
The plan at the beginning was that the scanning part would be constructed by implementing the automatic X-Y stage system. Howerver it was found that on conductiong this plan it took somewhat longer time than the time estimated in beginning to set the right position in scanning and it took some hours to analize one sample. To overcome it, the galvano mirror unit was implemented to the prototype II and its possibility was shown as the fast and high resoluteion measurement was achived with 1 micon in special resolusion and scanning at 1000 x 1000 points in a tiny gel sample to determine the difusition coefficient in the range of 10-12 - 10-9 m2/s. By this achievement, the revolutionality of the SMILS is possibly appealed to private companies to start any collaboration with them.
New interface having better cost-peformance than that of the prototype I was implemented to the real-time PCS calculator and the high speed calculation was achieved to input 64M pulses within one second. Simultaneously, the special software for the characterizeation of gel samples had been developed to use the new PCS calculator easily and the software was implemented to the prototype II. Then it is ready to go to the next stage of the collabolation with private companies and to start the project to put the SMILS system into the practical use.
To summarize all our achievements, the final goal proposed at the starting point was achieved well to improve the superiority of the SMLS system and to strongthen the potential of the SMILS as the world standard system for the characterization of gel materials.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る