成果報告書詳細
管理番号20130000000984
タイトル平成24年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A19020a 局所弾性率上昇型脊椎固定用チタン合金製ロッドの開発 平成24年度最終
公開日2013/12/25
報告書年度2013 - 2014
委託先名国立大学法人東北大学仲井正昭
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約実用化に向けて、代表的な開発合金であるTi-12Cr合金を用いて脊椎固定用ロッドを試作し、実際の手術で重要となる曲げ特性を評価した。曲げ変形の内側(圧縮応力負荷部)と外側(引張応力部)の両部分において変形誘起ω相の形成が認められ、同相が曲げ変形においてもスプリングバックの抑制に寄与していることを実証した。さらに、Ti-12Cr合金製ロッドに適切な表面改質処理を施すことにより、従来の低弾性率合金で実用化の最大の障害となっていたASTM F1717耐久性についても克服することに成功した。
英文要約In order to achieve practical realization, a prototype of spinal fixation rod made of a representative developed alloy, Ti-12Cr, was created and then its bending properties that are important for convenience in actual operation were evaluated. The formation of deformation-induced ω phase was observed at both inside (compressive stressed side) and outside (tensile stressed side) of bended parts, and then it was verified that this phase could contribute to reduction of springback during bending. Further, the ASTM F1717 standardized durability that is the greatest weakness of conventional alloys with low elastic modulus toward their practical use was successfully overcome by suitable surface modification for the rod made of Ti-12Cr alloy.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る