成果報告書詳細
管理番号20130000000992
タイトル平成24年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09E52018d 低分子化合物を活用した植物免疫システム制御基盤技術の開発 平成24年度最終
公開日2013/12/25
報告書年度2012 - 2012
委託先名岡山県農林水産総合センター鳴坂義弘
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約(1)3種の候補化合物を構造展開し、カタログ化合物よりも抵抗性誘導能の高い新規化合物をデザインできた。
(2)3種の候補化合物は植物病原糸状菌および細菌に対して防除効果を示した。
(3)マイクロアレイデータを情報処理し、実験間で容易に比較可能なデータファイルに加工した。これにより、特殊な解析ソフトを介さなくともデータを共有できる共通プラットフォームを構築できた。
(4)候補化合物を処理した植物においてトランスクリプトーム解析により薬害マーカーに利用可能な遺伝子群を同定できた。
(5)中国の研究グループにより、候補化合物がイネ成長に正に影響することを明らかにした。また、候補化合物を用い、病害防除効果および病害防御遺伝子の発現誘導を解析した。
英文要約(1) Three potent plant activator-candidates were obtained by modification of chemical structure of candidates.
(2) The plants treated with candidates conferred resistance to anthracnose (fungus) and Pseudomonas (bacterium).
(3) We established the common platform system based on microarray data.
(4) The marker genes for assessment of phytotoxicity were obtained by an array-based structure and gene expression relationship study.
(5) Unlike existing plant activator, BTH, the candidate compound did not inhibit the primary root and seedling growth in both Arabidopsis and rice.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る