成果報告書詳細
管理番号20130000001044
タイトル平成21年度-平成22年度成果報告書 SBIR技術革新事業 アルツハイマー病の血液バイオマーカーによる新診断法の研究開発
公開日2013/12/17
報告書年度2009 - 2010
委託先名株式会社MCBI 独立行政法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P08015
部署名技術開発推進部
和文要約アルツハイマー病を主とする認知症は、近年の高齢化に伴って我が国においても急激に増加しているが、現状の治療法やこれから開発される治療薬の効果をあげるために「早期に診断すること」が最重要の課題となっている。本プロジェクトは、血清を試料として認知症の早期診断を可能にするペプチド・バイオマーカーを見出し、その簡便な測定法を開発することを目的として研究開発を行った。その成果として以下を得た。
a.「アルツハイマー型認知症の患者」と年齢と性別をマッチさせた「認知症やパーキンソン病など精神神経疾患症状の全くない老人」(NDC)との比較において、80%以上の感度と特異度でアルツハイマー型認知症を識別できることとの目標に対して、高い感度と特異度でアルツハイマー型認知症を識別できる複数のマーカー、ADPEP1315、AD1008、AD1025、AD1042、AD1046、AD1048(=ADPEP2036)、AD1049を見出した。
b.アルツハイマー型認知症の臨床的認知症尺度との間に統計学的に相関関係が認められることとの目標に対して、HDS-RならびにMMSEにおいて、 ADPEP421488は認知
症の進行度が高いADがMCIより高値を示して順相関が認められ、逆にAD1042、ADPEP109315ではMCIがADより高値を示して逆相関が認められた。
c.客観的な定量評価が可能であることとの目標に対して、客観的な定量評価が可能なLC-MS法、ELISA法を開発した。
d.非侵襲的であることとの目標に対して、非侵襲的な血液採取のみが必要な血清を試料とした。
e.早期診断等に活用可能な簡便化の検討が終了していることとの目標に対して、LC-MS法については簡便化の検討が終了し、ELISA法については、一部マーカーのモノクローナル抗体作成まで終了した。後者の完成は今後の課題として残った。
以上、所期の目標をほとんど達成した。
英文要約The incidence of dementia including Alzheimer’s disease is increasing in Japan as well as in other countries due to the rapid trend in increase of aged population. “Early Diagnosis of Dementia” has become one of the most important goals because it is hoped that this will enhance the efficacy of not only currently available therapies but also those which are expected to be available in the future. In this project, we attempted to discover peptide biomarkers in serum which enable early diagnosis of dementia and to
develop convenient methods for measurement of such biomarkers. We obtained the following results, which satisfied the initially set goals a) through d). The goal e) was almost satisfied. a) We found biomarkers, ADPEP1315, AD1008, AD1025, AD1042, AD1046, AD1048(=ADPEP2036), and AD1049 that could differentiate between patients with dementia of Alzheimer type and those aged being matched in terms of age and sex but without psychiatric and neurologic symptoms (NDC) with sensitivity and specificity of not less than 80%. b) While both HDS-R and MMSE values were higher in AD than in MCI, the ADPEP421488 values were also higher in AD than in MCI, showing a positive correlation. By contrast, the values for AD1042 and ADPEP109315 were higher in MCI than in AD, showing a negative correlation in each case. Hence, both HDS-R and MMSE values were found to be correlated with the values of these
biomarkers. c) We developed LC-MS methods and ELISA for objective evaluation of biomarkers in serum. d) Our method used serum as clinical sample; thus, it is non-invasive. e) The development of a simplified LC-MS method was completed and that of ELISA was completed to the point of preparing monoclonal antibodies for part of biomarkers. The latter remains to be completed in the future. In total, the initially set goals have been almost attained.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る