成果報告書詳細
管理番号20130000001046
タイトル平成21年度-平成23年度成果報告書 SBIR技術革新事業 簡便なアルツハイマー病診断を可能とする蛍光プローブの開発
公開日2013/12/25
報告書年度2009 - 2011
委託先名クリノ株式会社
プロジェクト番号P08015
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成21年度-平成23年度成果報告書 SBIR技術革新事業 簡便なアルツハイマー病診断を可能とする蛍光プローブの開発

 本課題は アルツハイマー病(AD)発症前からの病理像、すなわち、1) アミロイドβ蛋白(Aβ)または 過剰リン酸化タウ蛋白(タウ)に特異的選択的に結合し、しかも 2) 生体を透過する領域の光(分光学的窓領域=近赤外線)を照射することによって同領域の強い蛍光を発するとともに、3) 血液-脳関門を容易に通過する低分子有機化合物(=蛍光プローブ=近赤外線蛍光プローブ)を見いだし、4)このプローブを静脈内投与して、頭蓋皮膚上から光を照射した際に観察される脳内近赤外線蛍光プローブの集積(=Aβまたはタウの集積)の定量およびその空間的分布からADを診断しようとするものである。最適化化合物のAβに対する親和性、最大励起/蛍光波長測定、モル吸光係数測定、量子収率測定、AD脳切片における染色性、血液-脳関門透過性、急性毒性、Tgマウスにおける蛍光イメージング等のデータから、新たに最適化化合物の合成・および同様の薬理学的・光化学的検討を繰り返した結果、いくつかのプロミシングなプローブ(例えば化合物CおよびE等)を得ることができた。今後これらのデータを基に数年後の臨床応用をめざし研究を展開していきたい。
英文要約Title: Technology Innovation Program for Small Business Innovation Research(SBIR) Development of fluorescent probes for accessible diagnosis of Alzheimer’s disease (FY2009-20011) Final Report

Noninvasive detection of amyloidβ (Aβ) deposits in the brain would be beneficial for an early and presymptomatic diagnosis of Alzheimer’s disease(AD). These Aβ deposits manifest themselves as senile plaques. While traditional histochemical approaches can easily identify these deposits in postmortem tissue, only recently have specific ligands been developed to target Aβ in living patients using positron emission tomography (PET). Successful detection of Aβ pathology in patients will enable definitive preclinical diagnosis of AD. PET scanning, however, has several disadvantages including high cost, low availability, and the requirement for radioactive tracers. Successful development of an optical detection platform would enable inexpensive, accessible, and nonradioactive detection of the Aβ deposits found in AD. For development of the near-infra red fluorescent probes, we had checked affinity for Aβ maximal excitation /fluorescent wave length, molar absorb coefficient, quantum yield, stainability in AD brain sections, in vivo labeling of Aβ deposits in transgenic mice, and acute toxicity in mice of our optimized compounds. As a result of pharmacological and photochemical screening, we were able to have some promising probes such as compound C and E. Based on these data, we would like to develop the probes for clinical use in the near future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る