成果報告書詳細
管理番号20130000000335
タイトル平成22年度-平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 新交通情報システム技術実証事業(中国)
公開日2014/1/25
報告書年度2010 - 2012
委託先名日産自動車株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本事業は、交通渋滞緩和と省エネ運転意識向上を目的に、動的経路誘導(DRGS)とエコ運転支援(EMS)のサービス提供システムと、その効果検証システムを、北京市に導入するものである。
実証実験は、北京市のモニター約12,000人に、後付型の車載端末を配布し、この二つのサービスを使用してもらい、その効果を計測した。
その結果、被験者の車両単体効果(旅行速度向上、燃料消費削減)、DRGSによる交通分散効果を確認できた。
また、北京市全体のシミュレーションでは、DRGSが10%普及した場合、北京市全体の燃料消費・CO2排出量を約10%削減可能との結論を得た。DRGS及びEMS普及により高い省エネ効果が期待できる。
更に、導入技術を普及させていくため、広報など普及促進活動についても検討、実施した。
英文要約With the aim of addressing traffic congestions and enhancing driver’s eco-driving awareness, this project introduces a service system consisting of Dynamic Route Guidance System (DRGS) and Eco-Management System (EMS) together with a verification system in Beijing city.
Demonstration was conducted by involving about 12,000 Beijing-city monitors with retrofit PND to measure the effect of the above two services.
This demonstration showed a positive effect on monitor’s vehicles (improvement in travel speed and reduction in fuel consumption) and traffic dispersion by DRGS.
In addition, it was verified by means of a simulation that fuel consumption/CO2 emission can be reduced by around 10% in case of 10% DRGS penetration rate throughout Beijing city.
It is expected that penetration of DRGS and EMS can contribute to high energy saving.
This project also studied and worked for service promotion activities such as publicity toward technology penetration.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る