成果報告書詳細
管理番号20130000000805
タイトル*平成24年度中間年報 最先端PG(Mega-ton Water System)無薬注海水淡水化システム センシング技術(遺伝子計測技術を用いた原水水質管理)(H22-H25)
公開日2014/1/10
報告書年度2012 - 2012
委託先名横河電機株式会社
プロジェクト番号P09025
部署名環境部
和文要約前年度までに我々は、海水淡水化プラントのRO膜上において、バイオファウリングを誘引する細菌の同定システムに適用する技術として、PCRによる遺伝子増幅法と、複数菌の同時検出が可能なDNAチップを組み合わせた遺伝子検出法を採用するものとし、そのための技術検討を行ってきた。今年度はこの細菌の同定システムに必要な細菌濃縮と、遺伝子検出の前処理自動化の要素技術について主に開発を進めた。一方で、バイオファウリングに関する基礎情報調査から、RO膜への導入される海水に含まれる細菌数は、海水淡水化プラントの運転管理上からも重要な情報であることが明らかになってきた。この点を考慮し、上記システムには菌数測定機能を追加するものとし、そのための技術検討を年度途中より開始した。今後は現場の海水サンプルで菌検出システムの要素技術についての動作確認を進めるとともに、海水に対応可能なシステムの菌数計測機能部分を試作していく。
英文要約From the last year, we have been promoting the collection and analysis of basic information about the bio-fouling of RO membrane.
In SWRO plant, as technology applied to the system to identify bacteria causing bio-fouling, we decided to use technology of the gene amplification by PCR and gene detection method by DNA chip. This year, we have been developing component technology mainly for detecting marine bacteria.
On the other hand, we found several bio-fouling research results that report the number of bio-fouling bacteria contained in water introduced into film RO is considered to be one of the main parameters. So, we also recognized the importance of measuring the number of bacteria from the point of operational management of RO membrane.
However, it is difficult to use the gene detection method, to obtain detailed data about the number of bacteria.
Therefore, considering the importance of the information on the number of bacteria in the detection of bio-fouling, we have determined to add the function which measures the number of bacteria in samples to this system.
This year, we started the development of that technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る