成果報告書詳細
管理番号20130000000839
タイトル平成22年度-平成24年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業(標準化研究開発 グリーンイノベーション推進事業 送電系統広域監視制御システム(WASA)技術に係る国際標準化)
公開日2014/1/22
報告書年度2010 - 2012
委託先名東京電力株式会社 株式会社東芝
プロジェクト番号P04002
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成22年度-平成24年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業(標準化研究開発/グリーンイノベーション推進事業/送電系統広域監視制御システム(WASA)技術に係る国際標準化)

交流位相量計測器(PMU:Phasor Measurement Unit)をはじめとする観測デバイスの発達、情報通信網の高速・高信頼度化などから、電力系統広域監視制御システム(WASA:Wide-Area Situational Awareness)実現への期待が全世界で高まっている。一方、本技術のアプリケーションの一つである系統安定化リレーシステムを日本では世界に先んじて実用化している。つまり、諸外国においては、系統状態を監視することを主目的としたWASAシステムの導入が始まっているが、我が国では、状態監視結果に基づく系統安定化制御機能までも実装した系統安定化リレーシステムを多く実用化しているというアドバンテージがある。これは持続可能な国内産業の発展に寄与するため、このような国内先進技術の国際的なシェア拡大を目指す戦略は極めて重要である。一方、国内の先進技術は早い段階で実用化されたために、近年進んでいる国際標準化に準拠していない点もあり、戦略を考案する際の重要な検討事項である。
「戦略的国際標準化推進事業(標準化研究開発/グリーンイノベーション推進事業/送電系統広域監視制御システム(WASA)技術に係る国際標準化)」は、WASAに係る国内先進技術を調査評価し、国際標準動向を見極めた上で、国内技術の国際競争力確保の観点から、国際標準議論の場における戦略提言を目的として研究を進めた。なお、研究計画段階においてはWASAを広域監視制御システムの略称として用いていたが、技術範囲の明確化が重要となったことから、対外的な成果発表等においては、より実態に即したWAMPAC(Wide-Area Measurement, Protection And Control)の略称を利用した。
 本報告書は、「戦略的国際標準化推進事業(標準化研究開発/グリーンイノベーション推進事業/送電系統広域監視制御システム(WASA)技術に係る国際標準化)」における研究成果を取り纏めたものであり、主な成果を以下に示す。
(1)市場調査
広域系統監視制御システムの技術動向を調査し、国内技術の強みを活かしたマーケット構築が可能であることを確認した。
(2)国際標準への提案
2件の拡張/修正提案(IEC/TR61850-90-5,IEEEC37.244)を行い、国際標準として反映される成果を得た。また1件の新規提案(IEC/TR61850-90-12)を行い,承認された。
(3)日本型WASAシステムの特徴となるアーキテクチャーの提案
日本型の系統安定化リレーシステムの強みであるレスポンスベースで挙動する端末装置に対して、上位レイヤーである中枢部においてモデルベースのアプリケーションによる整定変更を実現する階層型アーキテクチャーの提案を行った。
(4)海外製PMUの評価
海外製PMUを購入し、その性能を評価し、相互運用性の現状を確認した。
(5)デモンストレーション構築
提案した階層型WAMPACアーキテクチャーに基づくデモンストレーションシステムを構築した。
(6)デモンストレーション実施
以下の国際会議において、構築したシステムを利用したデモンストレーションを実施することにより日本発技術のプレゼンスを向上させた。
・CIGRE展示会(2012年8月)
・CEPSI展示会(2012年11月)
・DistribuTech展示会(2013年1月)
なお、戦略的な日本発の国際標準制定に寄与できるよう配慮し「WAMPACエンジニアリングガイド」として別冊資料に取り纏めた。
英文要約Title: Project to Promote Strategic International Standardization; Research for Promoting In-ternational Standardization on the Technology of Wide Area Situational Aware-ness (WASA) for Trunk Power System (FY2010-FY2012) Final Report

Due to the development of monitoring devices, including PMU (Phasor Measurement Unit), and the increased speed and reliability of the communication network, the realization of WASA (Wide-Area Situational Awareness) systems is expected worldwide. Japan has been ahead of the rest of the world in terms of the application of SPSs (Special Protection Systems) as one of WASA systems. A number of SPSs have been put to practical use. In order to contribute to the sustained growth of domestic industry, it is important to formulate a strategy that leads to the expansion of international market share of such leading technologies. However, these leading technologies in Japan do not comply with international standards since they were realized in the early stage of the development. This requires a careful consideration in the formulation of the strategy.
This project first surveyed and evaluated the leading technologies related to the WASA system in Japan. After assessing trends in the related international standards, the project aimed at developing strategic proposals to the discussion of international standards for retaining international competitiveness of the domestic technologies. We refer to these SPSs as WAMPAC (Wide-Area Measurement, Protection And Control) systems in presentations and publications, although they were referred as WASA systems in the planning stage of the project. This is due to the necessity for the clarification of the target technology.
This project has produced the following main achievements:
(1) Market survey
The project surveyed the technology trend of the WAMPAC systems and has found that it is possible to establish market share leveraging related leading technologies in Japan.
(2) Proposal to international standards
Two extension / amendment proposals by the project have been approved for the inclusion in international standards (IEC/TR 61850-90-5, IEEE C37.244). The project also submitted one new work proposal for IEC/TR 61850-90-12.
(3) Proposal of the architecture that characterizes Japanese WAMPAC systems The project proposed the hierarchical architecture for WAMPAC systems. The architecture enables an upper layer to include model-based applications for the realtime adjustment of control settings in these terminal units.
(4) Evaluation of PMUs in other countries
The project purchased PMUs in other countries and evaluated their performances.
(5) Development of the WAMPAC demonstration system
The project developed the demonstration system based on the proposed hierarchical architecture for WAMPAC systems.
(6) Demonstration at international conferences
The demonstration system was presented at the following international conferences.
・ CIGRE Session, August 2012
・ CEPSI, November 2012
・ DistribuTECH, January 2013
These achievements of the project are described in Attachment "WAMPAC Engineering Guide", which should contribute to the strategic development of international standards originated in Japan.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る