成果報告書詳細
管理番号20130000000842
タイトル平成24年度成果報告書 平成24年度研究協力事業「タイにおけるVOCモニタリング及び環境情報マネージメントシステムに関わる研究協力」
公開日2014/1/10
報告書年度2012 - 2012
委託先名富士通株式会社
プロジェクト番号P93048
部署名環境部
和文要約タイ国では急速な産業化の進展に伴い環境汚染が懸念されており、環境汚染に関する関心が高まっている。特に、マプタプット工業団地では排煙や排水に含まれている有害物質類が大きな社会問題となっている。これらに対処するためにタイ国では、環境モニタリング技術をはじめとする環境汚染の状況把握、分析技術とそれを持続的且つ発展的に活用出来る人材の技術能力向上が喫緊の課題となっている。
上記課題へのアプローチとして、平成24年度事業では、「環境モニタリング」用および「環境研究」用IT インフラ(研究用ソフトウェア含む)を導入し、タイ国側研究者の現地研究環境基盤を整備した。また、環境モニタリング用のソフトウェア開発及びVOCセンサに接続するためのシステム環境の整備を実施し、日本側のシステム開発を完了した。また、VOCs、Odor、O3等についてデータ品質目標(DQOs)等の各種マニュアル作成により現地トレーニング(人材育成・技術移転)を実施した。更には、環境研究において、タイ国研究者の研修トレーニングを実施することで日-タイの研究者ネットワークが構築され、今後、タイ国側研究者が自主的に、継続してVOC拡散予測モデル研究推進・発展へ期待できる環境・体制を構築することができた。
英文要約There is growing interest in Thailand in environmental protection while rapid industrialization has been accompanied by a number of environmental issues. The toxic substances of fumes and sewage at Map Ta Phut Industrial Estate have become a critical social issue, especially. In order to understand the whole situation of the environmental pollution such as environmental monitoring technology, and to improve analytical technique and technical skills of human resources towards continuous and constructive use of the technique has been an urgent issue.
For the issue, this Research Co-operation Project is intended to install IT infrastructure for environmental monitoring and research and also system including environmental monitoring software, that connected to VOC sensors was installed at IEAT(Industrial Estate Authority of Thailand) and CU(Chulalongkorn University). During this project duration, installation of VOC sensors has not been realized by Thai side. However, system development for VOC monitoring was completed by Japan side and training events for the system operation were held at each site where the system installed. For research part, work in this project produced environment in order to research for environmental improvement including air pollution for Thai researchers.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る