成果報告書詳細
管理番号20130000001016
タイトル平成22年度-平成25年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業
国際エネルギー消費効率化等モデル事業 民生(ビル)省エネモデル事業(タイ)
公開日2014/1/24
報告書年度2010 - 2013
委託先名中国電力株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約急速な経済発展を遂げたタイでは,今後も堅調なエネルギー消費の伸びが見込まれており,省エネルギー促進は喫緊の課題となっている。本モデル事業では,同国の首都バンコクの民生(業務)施設を対象に,我が国の保有する省エネルギー設備および技術を組合せた省エネモデル事業を実施し,その有効性を実証・PRすることにより,同技術をタイ国内へ広く普及させることを目的としている。(1)現地調査・協定関連業務実証事業の実施に先立ち,プロジェクト実施に係る協定書を実施サイト(アマリ・ウォーターゲート・バンコク)と締結した(2011年7月)。基礎検討資料とするため,実施サイトの設備使用環境,設備状態および運転状況等を調査した。(2)設計本実証事業に導入する日本製機器(冷凍機,ボイラー,BEMS他)の仕様検討,システム設計(計装機器類の配置,制御方法他)および機器据付工事の実施設計を行った。(3)機器製作・輸送本実証事業に導入する機器類の調達(発注,工場検査他)および実施サイトへの輸送を行った。(4)据付・試運転2012年3月-11月の間で実施サイト側が機器の据付・調整および試運転を実施した。据付工事期間中は,同ホテルに技術員を常駐させ,技術指導および必要な調整を実施した。また,試運転に際しては,運転マニュアルの作成およびトレーニングの実施等で同ホテルの運転員をサポートした。ホテル営業を続けながら工事を実施したことから,ホテル利用者への影響を避けた工法の採用,設備停止を避けた工程の検討およびホテルへの影響を避けた試運転実施時間の調整(夜間に実施等)等を行った。(5)実証運転2012年11月-2013年2月の間で実証運転を実施した。実証運転では,更新後の設備および残置した既存設備を利用し,事業実施前後の状態を再現した運転を行い,その運転データから本実証事業実施前後の年間エネルギー使用量(2007年換算)を算定した。この結果,本実証事業の実施により年間で27.24TJ(全館で使用するエネルギーの約15%)の省エネが達成できたことを確認した。なお,今回の検証には,今後期待できる実施サイト側が行うBEMSを利用した運用改善等の効果を含んでいないが,これを含むと約31TJ(全館で使用するエネルギーの17%)の省エネの達成を見込む。(6)技術普及活動日本製機器および技術の普及を図るため,以下の活動を実施した。・竣工式・設備見学会の実施(2013年1月)竣工式を開催し,出席したタイ側出席者(DEDE,MEAおよびプレス関係者)に対して,導入設備の見学会を実施し,日本製機器・技術をPRした。・タイランドESCOフェア2013へのブース出展(2013年1月)機器メーカーと協調し,事業の概要ならびに機器紹介を実施した。ブース来訪者に対して,日本製機器に対する印象他をアンケート調査し,メーカーへフィードバックした。・簡易省エネ診断の実施(2013年1月)ONYXグループホテル(アマリ・ドンムアン・エアポートバンコクホテル,アマリ・オーキット・パタヤホテルの2箇所)の設備に対して,簡易省エネ診断を実施して,診断結果に基づき両ホテルに対して省エネプランを提案した(2013年4月)。・成果報告セミナーの実施(2013年5月)タイホテル協会加盟ホテル,タイ工業連盟企業他計100名程度が参加するセミナーを開催し,本実証事業の成果および導入設備の紹介を行った。セミナーでは熱心な質疑応答が行われ,参加者の日本製品および省エネに対する興味・関心の高さが感じられた。
英文要約In Thailand, which saw rapid economic development, there is an urgent problem to promote energy saving due to the steady growth of energy consumption that is expected in the future.The objective of this project is to introduce Japanese energy conservation equipment and technologies to a commercial building located in the capital city of Bangkok, and to demonstrate that effect and disseminate them throughout Thailand.(1) Site survey, Implementation Document (ID) related work:Prior to the project, we concluded the Implementation Document (ID) with Amari Watergate Bangkok in July 2011.We investigated the usage environment and condition of the facilities and operation to get basic information.(2) Design work:We designed the specifications of the equipment (Chiller, Boiler, Building Energy Management System (BEMS) etc.), the configuration of the system (instrument arrangement, control method, etc.), and the installation work.(3) Fabrication and transportation of the equipment:We procured the equipment and transported them from Japan to Thailand after our inspection.(4) Installation work and test run:Amari Watergate Bangkok installed the equipment and did a test run from Mar.2012 to Nov.2012. We dispatched our staff to give technical support. We considered the method and schedule of construction, made the operating manual, trained the operators, and so on.(5) Demonstrative operation:Amari Watergate Bangkok has been doing the demonstrative operation from Nov.2012 to Feb.2013. They operated in both the “Before project” and “After project” conditions. Then, we simulated annual energy consumption (converted in 2007) from the data. We evaluated that it saved 27.24TJ (about 15% of all the energy of the Hotel) of energy a year. Furthermore, it will save 31TJ (about 17% of all the energy of the Hotel) when we consider the operative improvement expected in the future by using BEMS.(6) Dissemination activities:(a)We held the inauguration ceremony in Jan.2013, and we did a site tour for the attendants of the ceremony to introduce the Japanese equipment.(b)We had a booth at “Thailand ESCO fair 2013”, an exhibition held in Jan.2013, and introduced the summary of this project, in cooperation with manufacturers. We conducted some questionnaires about the impression people had about the Japanese equipment at the fair, and we gave the answers to the manufacturers as feedback.(c)We did a simple energy survey for two hotels (Amari Don Muang Airport Hotel and Amari Orchid Pattaya Hotel), and proposed facility replacement.(d)We held a seminar in May 2013. We invited about one hundred people concerned (members of Thai Hotel Association and Federation of Thai Industries etc.), and we introduced the result of this project and Japanese equipments There were earnest questions and answers at the seminar, and we felt that participants were very interested in Japanese equipment and energy saving.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る