成果報告書詳細
管理番号20130000001029
タイトル平成22年度成果報告書 SBIR技術革新事業 導波モードを利用した微量微小物質検出器に関する研究開発
公開日2014/1/22
報告書年度2010 - 2010
委託先名オプテックス株式会社 株式会社テクノサイエンス 有限会社シーアンドアイ
プロジェクト番号P08015
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成22年度成果報告書 SBIR技術革新事業 導波モードを利用した微量微小物質検出器に関する研究開発

安全安心な暮らしには、違法薬物、毒素、爆薬、菌類、ウィルス類などの有害物質を即座に検出し、それらの除去、拡散防止を行うことが求められる。その為には、耐環境性が高く、携行可能な高感度物質検出器が必要となる。本開発では、この要求を満たすに十分な可能性を持つ導波モードセンサを用い、且つ抗原抗体反応を用いて目的物質を捉える技術が、実際にこれらの用途に適するか調査し、有害物質検出器の実現を目指すためのフィージビリティースタディーを行った。検出対象となる物質は、覚せい剤、麻薬、毒素、爆薬、菌類、ウィルス類等、である。 本研究では、まず、実際にどのような物質の検出が必要とされているかの市場調査を行った。また、市場調査を踏まえ、検出すべき物質をセンサチップ上に捕捉するための抗体に係わる技術動向調査及び抗体の固定技術の調査を行った。また、検出に関する基礎データの取得を行い、以上の調査を踏まえた上で、ビジネスプランの作成を行った。 本研究での各分野の検出ニーズ調査で、ビジネスとして成り立つ検出対象となる有害物質を3種類以上見出す事ができ、文献調査、調整により、月産3,000個程度安定供給できる抗体・固定技術を各分野で1つ以上見出す事ができた。 さらに、これらの結果から、具体的な提携先を踏まえたBPの作成も行う事ができた。 今後、技術的な課題としては、「偽陽性の除去」、「定量性の向上」、「小型・軽量化、簡易操作の実現」が上げられ、事業的な課題としては、「事業自体の立上優先順位」、「生産性の向上」、「資金調達」が上げられる。 この結果を用いて、事業化に向けた取り組みを進めて行きたい。
英文要約Title: Technology Innovation Program for Small Business Innovation Research (SBIR)/Research and development of micro substances detector by using waveguide mode (FY2010) Final Report

For the safe and secure living, it is required that immediate detection, removal and nonproliferation of hazardous substances such as illegal drugs, toxins, explosives, fungi, virus. To do this, the highly sensitive detector will require the specification that portable and high environmental resistance. In this development, we conducted a feasibility study for development of hazardous substance detector using waveguide mode sensor that has possibility for sufficient to meet this demand. We investigated whether the technology using antigen-antibody reaction for capturing a target substance is actually suitable technique for these applications. The detecting substance is stimulants, drugs, toxins, explosives, fungi, viruses and some kind of that. First, we did the market research that is needed to detect what really substances. Based on market research, we researched antibodies for capturing of substances, and fixed-technology of antibody to sensor-chip. And then, we got many kinds of basic data about the detection. After that based on further study, we made a business plan. We could find 3 more types of hazardous substances to be viable for business from market research. We could find fixing antibody technology that can be stable supply of approximately 3,000 pieces per month of sensor chip for each field from research and development. Furthermore, these results were the creation of a concrete business plan with partners. In the future, we should solve technical issues, "removal of false positives", "improving quantitative", "smaller and lighter, the realization of a simple operation", and business challenges, "launch the business ", "improving productivity", "financing". Using this result, we go towards promoting business initiatives.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る