成果報告書詳細
管理番号20130000001054
タイトル平成23年度成果報告書 仙台サイトにおける新電力ネットワークシステム実証研究に係るユースケース作成業務
公開日2014/1/22
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社NTTファシリティーズ
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:仙台サイトにおける新電力ネットワークシステム実証研究に係るユースケース作成業務

世界各国では、既存のグリッドを加速的にスマートグリッドへと進めるための標準化整備が活発に行われている。この国際標準がどのように整備されるかは、日本企業の海外展開のみならず国内マーケットにも多大な影響を及ぼし得るので、日本としても積極的に関与していくことが求められる。電力分野の世界的な標準化議論を牽引しているEPRI(Electric Power Research Institute)では、スマートグリッドの導入を進めるために必要な手法、ツールおよび標準化への提言を行うために、EPRI Intelligrid Program が実施されており、本プログラムの一環として「ユースケース」の収集と管理を行っている。このユースケースは、今後のスマートグリッドの国際標準化に関して議論の基礎となるものであり、実証事業で手掛けるわが国の技術を国際標準化の議論に載せるために、実証の内容や成果をユースケースとしてとりまとめ、EPRI等へ登録することが重要である。
以上のような背景から、本業務では、新電力ネットワークシステム実証研究(実施期間平成16年度-19年度)のうちの、“品質別電力供給システム実証研究”に関して、国際標準化を視野に入れたEPRIユースケースへの登録を前提としてユースケースを作成した。
併せて、本業務を通じて、省エネルギー技術のアイテムの一つとしての品質別電力供給システムの国際標準化活動を行っていくに当たって有効と考えられる、IECやSGIP等での活動状況を文献調査やヒアリング等による調査を行った。
英文要約Title:Prepared the use case which are part of the Demonstrative Research of New Electric Power Network System implemented in the Sendai Site.

Vigorous efforts are being made around the world to develop smart grid standards to accelerate the upgrade from conventional ones to smart grids.
How to develop these international standards can have great influence on Japanese domestic market, as well as oversea business expansion. Therefore, Japan’s active national-level involvement is required.
In order to provide recommendation on the approaches, tools and standardization for the adoption of smart grid technology, the Electric Power Research Institute (EPRI), which leads worldwide standardization concepts in the electric power field, is carrying out its EPRI intelligrid Program, in which various “use cases” are collected and organized as part of the program.
Since these use cases will serve as the basis for discussions on future international standardization of smart grid technology, it is important to compile the contents and results of demonstration projects as use cases and register them with EPRI etc. This will allow us to place Japanese smart grid technologies worked on by the demonstration projects on the agenda for international standardization.
From the background mentioned above, we have prepared the use case of “the Demonstrative Research of Multiple Power Quality Supply System”, and other use cases with a view to registering them with EPRI’s Use Case Repository with an outlook to international standardization, all of which are part of the Demonstrative Research of New Electric Power Network System implemented in the period (H16-H19).
We also conducted a survey on the activities in IEC and SGIP etc. through reports and interviews, which will be valuable in developing international standards of Multiple Power Quality Supply System as an item of energy-saving technologies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る