成果報告書詳細
管理番号20130000001075
タイトル平成24年度成果報告書 平成24年度採択先導的産業技術創出事業 11B06024d 輸送機器用マグネシウム合金大型軽量部材への高耐食性ナノ結晶皮膜形成技術の開発 平成24年度中間
公開日2014/1/22
報告書年度2012 - 2012
委託先名学校法人芝浦工業大学石崎貴裕
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約今年度は,(1)110面に優先配向したMg(OH)2ナノ結晶層を成長させるプロセス条件の探索,
(2)Mg-Al系LDHをナノ結晶皮膜中に形成させるためのプロセス条件最適化,(3)作製したナノ
結晶皮膜の特性と耐食性の相関関係の解明,(4)耐食性皮膜のナノサイエンスからの性能検証,
に関する研究項目を行い,以下の知見を得た。
オートクレーブを用いて成膜条件の探索を行い,1m角の基材に110面に優先配向したMg(OH)2
ナノ結晶皮膜を均一に形成する条件を確立した。圧力条件を制御することにより,その皮膜
の均一性は膜厚の±10%以内にすることができた。その皮膜の耐食性を複合サイクル試験(336時間)
にて評価した結果,そのレイティングナンバは9.0以上であった。皮膜中のMg-Al系LDHの含有量の
増加に伴い,腐食電流密度が減少することを明らかにした。マグネシウム合金表面の表面電位計測
結果より,マグネシウム合金内の介在物や不純物が存在する場所で,表面電位差が大きくなること
を明らかにした。
英文要約The studies on (i) investigation into process conditions to form Mg(OH)2 nanocrystal film
with preferential orientation along the 110 plane, (ii) exploration of process conditions
to form Mg-Al LDH in the nanocrystal film, (iii) elucidation of correlationship between
the nanocrystal film and anticorrosive performance, and (iv) anticorrosive estimation of
the nanocrystal film, were performed.
Mg(OH)2 nanocrystal films with preferential orientation along the 110 plane were successfully
formed uniformly on the magnesium alloy with a size of 1.25 X 2.7 m. By controlling temperature
conditions, Mg-Al LDH crystals were contained in the Mg(OH)2 nanocrystal film and the uniformity
of the film thickness was within ±10%. The rating number of the film after cyclic corrosion
test (CCT) for 336 h was more than 9.0. The corrosion current densities of the film coated Mg alloy
were decreased with an increase in the Mg-Al LDH contents in the nanocrystal film. The results of
surface potential measurements revealed that the difference of the surface potential became larger
at the positions where additive elements or impurities in the magnesium alloys existed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る