成果報告書詳細
管理番号20130000001082
タイトル平成24年度成果報告書 平成24年度採択先導的産業技術創出事業 11B11005c 有機薄膜太陽電池用素材の製造コスト低減と高純度化を達成する重縮合反応の開発 平成24年度中間
公開日2014/1/22
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人筑波大学桑原純平
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約 開発を進めている C-H 結合を反応点とした重縮合反応の適応範囲を拡大し,新たに四種類のチオフェン誘導体をモノマーとして利用可能にした.さらに,マイクロ波加熱を組み合わせることで反応を効率化し,短時間で高分子量の生成物を得ることが可能となった.この反応で得られた高分子を元素分析や微量分析によって評価し,高い純度を有することを証明した.高純度化された高分子は,有機トランジスタや有機薄膜太陽電池に実装した際に,従来法で合成した同じ構造の高分子に比べて有意に高い特性を示すことを明らかにした.これらの成果から,共役高分子の合成手法を改善することで高分子量かつ高純度な材料を提供可能にし,さらに高い純度に由来して特性が向上することを示した.
英文要約The application range of the developing synthetic method was extended in terms of monomers; four kinds of monomers became available for polycondensation using C-H direct arylation. The direct arylation polycondensation under microwave heating gave a conjugated polymer having high molecular weight. The polymer also has high purity, which was confirmed by elemental analysis and microanalysis. The highly pure polymer exhibited high performance in organic field-effect transistors (OFETs) and organic photo voltaic cells (OPVs) in comparison with a structurally identical polymer prepared by a conventional polycondensation reaction. These results show that the improved synthetic method provides high quality polymer material leading to high performance in optoelectronic devices.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る