成果報告書詳細
管理番号20130000001093
タイトル平成24年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B07010d スピン波を用いた不揮発性スイッチ素子の開発 平成24年度最終
公開日2014/1/24
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人東北大学水上成美
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約Mn-Ga/Fe(Co)二層膜におけるスピン波ダイナミクスの検出に成功し、スピン波の励起スペクトラムが磁化状態に強く依存することを見出した。また、この二層膜を電極とする垂直磁化トンネル接合で、室温で最大50%のトンネル磁気抵抗比を得た。
マイクロマグネティックシミュレーションにより、ゲートの強磁性、反強磁性配置によって、スピン波伝搬をオンオフできる事を見出した。
英文要約Spin wave dynamics in Mn-Ga/Fe(Co) bilayers were successfully detected and showed that the spin wave excitation spectrum was strongly influenced by magnetization states. Simultaneously, perpendicular MTJs with these bilayers exhibited TMR of up to 50% at RT. It was also discovered that spin wave propagation can be turned on or off by changing the magnetization configuration of perpendicular magnetic gate from the theoretical simulations.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る