成果報告書詳細
管理番号20140000000050
タイトル平成24年度成果報告書 研究協力事業「ミャンマーにおける籾殻ガス化炉発電の運用性向上研究協力事業」
公開日2014/2/28
報告書年度2012 - 2013
委託先名バイオ燃料株式会社
プロジェクト番号P93048
部署名国際部
和文要約精米工場では、籾殻ガス化燃焼時に発生するタール及びダストによりガスエンジンの長時間安定運転が困難な状況になっている。又、籾殻の貯蔵には大きな敷地が必要であり、工場内の作業スペースを圧迫している。これらの状況を改善し、ガス化炉の長時間安定運転を可能にして尚且つ籾殻燃料を効率的に貯蔵するため籾殻に半炭化圧縮成形加工を施して既存の小型ガス化炉の安定運転化を研究すると共に籾殻半炭化ブリケット燃料の普及拡大の可能性と深刻な問題となっているガス化炉から排出されるガス洗浄廃液による周辺環境汚染問題を改善するため籾殻焼却灰による凝集固化剤の試作をしてガス化洗浄廃液での効果を確認した。結果、簡易炭化装置及び連続炭化装置による炭化物及び半炭化物の製造は炭化時間や押し込み空気の調整など若干トレーニングが必要だが現地技術者でも十分対応が可能であることを確認した。圧縮成形加工では、籾殻炭化物10%、糠10%、籾殻80%の配合で圧縮成形加工及び燃料として使用可能であることを確認した。又、ガス化炉焼却灰もガス化炉焼却灰20%、糠10%、籾殻70%の配合で籾殻炭化物と同様の燃焼効果を確認した。ガス化燃焼試験では、既存ガス化炉及び試験用ガス化炉共に圧縮成形加工燃料の燃焼試験では炉の構造上ガスの安定性に問題があり改良が必要であることが判明した。尚、籾殻炭化物を混合した半炭化籾殻燃料では既存ガス化炉及び試験用ガス化炉共に約70%以上のタール及びダストの削減を確認できた。籾殻炭化物をフィルターに使用した場合は、スモークテスターでは目視観察できないほどの削減効果を確認した。排水処理については、籾殻焼却灰が排水処理剤の原料として十分に使用できることを確認した。また、MOIディーゼルエンジンデュアルフューエル発電試験は、軽油とガス混合で運転が可能であることを確認した。日本での研修にはMOC副大臣PWINT SAN氏も参加してJA全農新潟精米所などを視察しNEDO及びMETIを訪問し本事業の意見交換していただいた。現地での成果報告会は、MOC副大臣PWINT SAN氏を初め精米協会会長、旧MAPT総裁も参加して意見交換して頂いた。
英文要約Myanmar rice mills have problem in long run operation of gas engine due to tar and dust emitting by rice husk gasification. Also, storage of rice husk requires huge space, which makes the working space narrow inside the mill. In order to solve above mentioned problems, we conducted; - Process rice husk into semi-carbonized briquette - Study stable long run operation of existing small scale gasifier by using rice husk semi-carbonized briquette - Survey the possibility of commercialization of husk into semi-carbonized briquette fuel - Manufacture of coagulant by mixing rice husk incinerated ash and confirmed its effectiveness for gasification waste water. As result, we confirmed; - Even though some technical training and control of aeration and carbonizing time are required, local engineers are able enough to deal with manufacturing both full-carbonized and semi-carbonized products by simple carbonization machine and continuous carbonization machine. - Briquette fuel can be manufactured by mixing 10% carbonized rice husk, 10% rice bran and 80% raw rice husk.
- Gasifier incinerated ash shows the same combustion efficiency as carbonized rice husk by mixing 20% incinerated ash, 10% rice bran and 70% raw rice husk. - Both existing and pilot gasifiers need modification for its structure / designing in order to improve gas stability, especially for using briquette fuel. - Tar and dust emission was reduced more than 70% in both existing and pilot gasifiers by using rice husk semi-carbonized briquette. - When using carbonized rice husk as filter, smoke tester shows its effectiveness for reduction of tar and dust emission. - Rice husk incinerated ash can be utilized as raw material of waste water treatment agent. - By dual fuel power generation test, MOI diesel engine is operable by mixing diesel and gas. The Deputy Minister of Ministry of Commerce, His Excellency Dr. PWINT SAN kindly participated in delegation of local engineers for training and human resource development program in Japan. Delegation visited JA ZEN-NOH rice milling factory in Niigata Prefecture. H.E. Dr. PWINT SAN and Chairman of Myanmar Rice Millers' Association visited NEDO and METI for courtesy call and exchanged opinion of this project. Also, H.E. Dr. PWINT SAN and Chairman of Myanmar Rice Millers' Association and Managing Director of Myanma Agricultural Produce Trading attended the final report meeting, held in Yangon at the end of February 2013, and all the participants exchanged opinion for this project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る