成果報告書詳細
管理番号20130000001061
タイトル平成24年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B01003c 微弱な自然エネルギーを利用した超低電力エネルギー変換インターフェースの開発とライフモニタリング応用技術の開拓 平成24年度中間
公開日2014/4/1
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人神戸大学廣瀬哲也
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約小型ソーラーセルの電力を取得するインターフェース回路の設計を行った.チャージポンプ回路を基本とし,そのドライバ回路の低電力化と高効率化を行った.0.18-um CMOSプロセスを用いてチップ試作,ならびに測定評価を行い,75%の高い変換効率を実現した.また,アナログ要素回路である超低電力・高速オペアンプの開発を行った.従来の回路では使用電圧レンジに制約があったが,これを解決し,Rail-to-Rail入力を可能とした.さらに,低電圧ディジタルスタンダードセルライブラリの構築を行った.0.5-Vと1.0-Vライブラリの作成を行い,シミュレーション評価により妥当な電力特性を得た.
英文要約An interface circuit for the small solar cell was developed. The circuit consists of a conventional charge pump circuit and a driver circuit. The driver circuit was designed to achieve ultra-low power dissipation and high power conversion efficiency. The prototype chip was fabricated and measured by using 0.18-um CMOS process. The measurement results demonstrated that it can boost low input voltage with high efficiency of 75%. An ultra-low power and high-speed operational amplifier was also designed. Although input voltage range was limited in conventional amplifier, the limitation was solved by our proposed architecture and enabled rail-to-rail input operation. Moreover, 0.5-V and 1.0-V digital standard libraries were developed. Simulation results showed that the libraries have appropriate supply voltage dependence.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る