成果報告書詳細
管理番号20130000001089
タイトル平成24年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B06005c 新導電性ポリマーによるリチウムイオン蓄電デバイスの高出力・大容量化技術の開発 平成24年度中間
公開日2014/4/1
報告書年度2012 - 2012
委託先名東京都市大学金澤昭彦
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約ポリチエン(イオウ系共役ポリマー)の製造法の改良を行い、新合成法(電解還元重合法)を開発し、これにより耐熱性(熱分解温度500℃以上)や機械的性質など物理化学的に安定なポリチエン材料の合成法を確立することができた。また、ポリチエンの電子伝導性を実証するとともに、電池反応機構に関する知見を得た。これらの結果を踏まえて、正極の充放電容量および充放電サイクル特性の向上を実現できた。また、ポリスチレンスルホン酸塩を基材とする液晶ポリマーゲル電解質を開発することができた。
英文要約In the present study, we have investigated the reductive electropolymerization behavior of carbon disulfides. In the presence of a suitable tertiary phosphine, the carbon disulfides were found to be polymerized efficiently resulting in the preparation of the polythiene compounds showing high physical and chemical stabilities. Through the evaluation of electric conductivity and cell reaction mechanism of the polymers prepared by means of electrochemical impedance and electron spin resonance spectroscopy, the polythiene compounds were revealed to act as a cathode active material possessing an electrically high capacitance. Furthermore, the polymer solid electrolytes for lithium-ion rechargeable battery have been developed on the basis of molecular design of polymeric sulfonic acids a with lithium-ion conducting property.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る