成果報告書詳細
管理番号20130000001090
タイトル平成24年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B08006d ナノ秒パルス放電プラズマによる世界最高収率オゾン発生機の開発 平成24年度中間
公開日2014/4/1
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人熊本大学浪平隆男
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約平成24年度の研究成果として、「プラグインからナノ秒パルス放電プラズマへのエネルギー転送効率最大化」としては、プラグインからナノ秒パルス放電へのエネルギー転送効率が62%へと向上した。また、「実用へ耐えうるナノ秒パルス電源スイッチ方式の決定」としては、銅タングステン製のブレークダウンスイッチを圧力制御下にて使用することで、少なくとも1年間のメンテナンスフリー化が達成できることが実証された。
英文要約In 2012, the energy transfer efficiency from the wall-plug to the nano-seconds pulsed discharge plasma was improved and reached at 62%. It is expected from the experimental results that the breakdown switch made by the cuprotungsten could be the one-year maintenance-free switch.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る