成果報告書詳細
管理番号20130000001107
タイトル平成24年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B04013c 超低コスト製造プロセス開発に向けたレアメタルフリー無機化合物薄膜太陽電池の非真空作製法に関する研究 平成24年度最終
公開日2014/4/1
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人大阪大学池田茂
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約金属積層膜の電析とこれを硫化する手法を用いたCZTS薄膜の作製について、前年度までの課題であったSnおよびZn層の均一堆積を実現することで、既報の電析CZTSの薄膜太陽電池では最高となる8.0%の変換効率を実現した。また、電析CZTS前駆体と電析CTS前駆体を2層電析してSe蒸気中で加熱する新たなCZTS薄膜作製法を開発し、最大1.1%の変換効率を得た。ALD方式による常圧CVD技術によるZnO透明電極の作製については、Gaドーパントを用いた最適化検討により、抵抗率5.5×10^-4 Ω cmを達成した。さらに、CuSbS2薄膜の電析作製においては、硫化条件の最適化によって薄膜品質が向上し、最大3.1%の変換効率が得られた。
英文要約A high conversion efficiency of 8% was achieved by realizing homogeneous deposition of Sn and Zn layers during fabrication of CZTS thin films using electrodeposited Cu-Sn-Zn metallic stacks. A novel sequential electrodeposition of Cu-Zn-Sn-Se and Cu-Sn-Se layers was also applied for fabrication of a CZTSe thin film; the solar cell derived from the CZTSe film exhibited a conversion efficiency of 1.1%. For the fabrication of ZnO-based transparent conductive oxide, a Ga-doped ZnO film having low electric resistivity of 5.5×10^-4 Ω cm was achieved by optimizations of deposition conditions in the novel atmospheric pressure CVD process developed in this project. We also studied fabrication of a CuSbS2 film as an alternative photoabsorber for compound thin film solar cells. As a result, the best conversion efficiency of 3.1% was obtained based on the electrochemically fabricated CuSbS2 film.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る